« bad news | トップページ | ’03 Winter »

秋の夜

大泣きしてしまった。
本当は笑ってお祝いしないとあかんのに、
彼が私から離れて行くことがつらくて…

「彼」は私にとって特別な存在。
私は彼に恋愛感情とは違う、特殊な感情を抱いている。
彼も同様だと 私は思っている。
正直、一時期は恋愛関係やった。
だけど、いつしか恋愛を超えた絆のようなものが出来て、
本当に大切な、かなり大きな存在の男性になった。

彼の就職が決まった。
一生懸命就職活動してたから、勿論私も喜んだ。
だけど、彼が就職するということは…
私から離れて行くと言うこと。

今まで私のことをいつも大事にしてくれていた彼が、
私の知らない世界へと旅立ってしまう。
別に会えなくなるわけではない。
これまでに比べると会える回数はぐっと減るやろうけど、
会おうと思ったら会える距離。

職場で悩む私を、時には優しく時には厳しく、
見守ってくれていた彼。
休憩時間とかに少しでもたくさん話せるようにと、
シフトを合わせようとしてくれていた彼。
そんなことが頭をよぎって、喜びもつかの間、
私は大泣きしてしまった。

…泣いたら彼がつらい思いするってわかっているのに。
 まだまだ弱いわ、私。

次に彼に会う時は泣かんようにしよう。
彼は私を応援してくれたんやから、
今度は私があたたかく送り出さなあかん。
…そんなことを考えている、秋の夜。

*:..。o○☆**:..。o○☆**:..。o○☆**:..。o○☆**:..。o○☆**:..。o○☆*

今からちょうど1年くらい前に書いた作品です。
当時私は、職場のアルバイトさん(7つ年上)に
かわいがってもらっていました。
振り返れば1年以上、彼は私を大事にしてくれていました。

途中、本気で好きになってしまって、
この人がいないとダメだって思いました。
そやけど、時が経つにつれてお互い何かがずれていると気づいて、
恋愛から友情へ…そんな風に心は動いていったのです。

この詩を書いた頃は、もう”親友”のような状況でした。
とは言え、いつも隣にいてくれた彼が、
私のもとから離れていくのがすごく怖かったんです。
全然知らないところで新しい生活をするんやろうな…って悲しくて。

あれからまた1年が経ちました。
今はもうほとんど連絡もすることなくて、やはり彼は遠い存在に。
だけど不思議とせつなくなったりはしないんですよね。
むしろ、新しい環境で精一杯輝いていて欲しいと思います。
私も負けずに一生懸命やってるからね、っていつか伝えられたらええな。

更新頻度がかなり落ちててすみません。
なにぶん最近お仕事もばたばた、家庭もばたばたで…。
でもでも、ちゃんと更新に励むので見放さないで下さいね!
とりあえず、明日は朝めちゃくちゃ早いのでもう寝ます^^;
無事起きられますように☆

|
|

« bad news | トップページ | ’03 Winter »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はぁ~~~。なんか、似たようなことを思い出します。
職場の同僚なんですが・・・・。

トラブルに巻き込まれ、突然姿を消しました。
連絡も取れずに行方不明状態。

1ヶ月後に戻ってきました。

帰還直後、無断欠勤という扱い。
この間に発生した給料は、半減という条件で、許してもらったそうです。

ところが、運命は残酷でした。

全く同じ事件が再度発生。
このときも、1ヶ月後に帰還したのですが・・・・。

職場のボスは、今度ばかりは許してくれなかった。。。。
結局、彼は解雇(もしくは追放)という扱いになってしまったのです。

その後、職場の雰囲気には、雨雲が立ち込めてしまった。。。
能率はガタ落ち。こちらは、下らないミスを連発し放題。

自分と彼は、「工場内最強タッグ」としてその名を轟かせていました。
相方を失った自分は、現在組んでいる人のワガママに振り回されっぱなし・・。
今でも、「戻ってきてくれないかな~」って、思っている次第です。

その彼も、今は結婚して子供がいます。
今月の5月ごろに再会して、かつてのメンバー達と焼肉を食べました。

今は、連絡が取れない状態です。
⇒姫路に住んでいるという情報があったのですが・・・・。

でもまぁ、同じ空の下で暮らしてるんだし。
いつかはまた会えるでしょう。
出来るものなら、子供が生まれたお祝いに、何かを贈ってあげたいです。
職場に入った当時、とんでもない程お世話になったんだから・・・。

投稿: 燃える耳かき | 2007年10月28日 (日) 22時50分

そっかぁ、結局今はまた連絡が取れへんのやね。
複雑な心境やとは思うけど、
確かに同じ空の下できっと生きているはずやから、
いつかまた会えるって信じていたいよね。

投稿: noricchi | 2007年10月28日 (日) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« bad news | トップページ | ’03 Winter »