« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

私たちなりに…

私には彼氏がいて、あの人にも彼女がいる。
だけど私たちは気づけば、心地よい存在になっていた。

お互い 勿論自分のパートナーに対して
罪の意識は持っている。
”このままじゃいけない”そうも思っている。
なのに、なんでだろうね?
朝同じ電車になると妙に嬉しくなってしまう。

お互いにパートナーと別れるつもりはないし
お互いが恋に落ちる予定もない。
ただ、ただね?一緒にいるとなんだか
とても甘えられるような気がする。
何でも話せてしまう気がする。

私たちはこれからも おそらく
私たちなりのやり方で
”友情”とはいえない”友情”を守り通していく予定。

☆゜+.☆゜+.☆゜+.☆゜+.☆゜+.☆゜+.☆゜+.☆゜+.☆゜+.☆゜
まぁはっきり言って、当事者同士は幸せかもしれないけど、
お互いのパートナーが知ったらかなりショックな話ですよね。
ちゃんと別れることが出来てよかったなって
今さらながら思います。

現在も連絡は取っていますが、
お互い行き過ぎた”友情”は抱いていません。
お互いのパートナーを大事にするように心がけています。
(私のほうが怪しいかもしれませんが 苦笑)

次の日曜日、職員採用試験の最終面接を受けてきます。
正直なところ、1次の筆記試験で不合格になってると
思っていたので全くもって何を話すか考えていないのですが、
そこは得意のハッタリでやってのけようと思います(^^)v
ってええんかい…万が一にも受かったらどなたか
祝勝会の準備をお願い致します(笑)。

| | コメント (2)
|

だって好きなんだもん。

私にとって
アイツに会えない1日は 長い。

今年も残すところあとわずかだよ?
受験どうするの?
結局どこの大学受けるの?

聞きたいこといっぱいあるよ。
教えて欲しいこといっぱいあるよ。
あの日教えた携帯ナンバー、
1度も電話してくれてないよね?

もう少しだけ期待しててもいい?
「大学受かった」なんて電話してきてくれるって、
勝手に楽しみにしてていい?
◆゜+o。o。o+゜◇゜+o。o。o+゜◆゜+o。o。o+゜◇゜+o。o。o+゜◆

今改めて見るとなんて淡い恋心…。
書いていて恥ずかしい限りです(笑)。
1つ年下の男の子にものすごくのめりこんでいた
時期があって、自分が先に大学生になってからも
高3の彼をひたむきに追いかけていたものです(照)。

でも当時、お互いかなりシャイだったこともあり、
2人でいても全然何話していいかわからない…なんて
常にあたふたモードでした。
その後大学ももちろん別々で、近所に住んでいたのに
全く顔も合わさなくなって…と言った状況になり、
気持ちはフェードアウト、私にも彼氏が出来て…。
ほんまに懐かしい限りです。

今日はお仕事がばたばたで、1日落ち着く暇がありませんでした。
でもこれからもっと残業も増えるんやろうなぁーと思うと、
今のうちからしっかり鍛えておかねば、と燃えています(-_-)/
最近会社でチョコレートを頂く機会が多いので、
太ってしまいそうな気がして不安です…ぶくぶくぶー。

| | コメント (2)
|

-手紙-

長い時間一緒にいたのに、
手紙を書いたのはこれが初めてやね。
いつも好き放題話してたから、
いざ文字にするとなると何を書けばいいかわからん。
でも何より言いたいことはただ1つ。

「ありがとう」に尽きるやろな。

何気ないことが幸せやった。
きっとそっちは何も考えずに言ったことかもしれんし、
あるいはやったことかもしれんけど、
私にとってどれも大切な思い出やと感じてるよ。

今までの経験上、思い出は時間が経つほど綺麗になる…
そんなこと痛いくらいわかっているんやけど、
おそらく私はこの気持ちを忘れることはないと思う。

だからと言ったらなんやけど、
離れても私のこと忘れんとってな?
違う環境で生きて行く以上、
前みたいには頼れへんってわかってる。
でも忘れられるのはあまりにも悲し過ぎるから。

いっぱい助けてくれてありがとう。
いっぱい笑わせてくれてありがとう。
そして
いっぱい私のために泣いてくれてありがとう。
泣かせてしまってごめんね。反省してる。

これからどんどん寒くなるけど、
体調には気をつけて1日1日過ごしてね。
なんて体の弱い私に言われても説得力ないか(笑)。

また時間が出来たら会えるやんね。
その時は、今度は私が愚痴を聞く番。
言いたいことがあったら遠慮なく言ってな。
たいしたアドバイスも出来ないこんな私やけど。

手紙って書き出したら止まらんね。
でもそろそろ終わりにするよ。
読むのも疲れるだろうし、
私もいらんこと書いてしまいそうやから。

本当に、本当にありがとう。
私、いつも誰よりも応援してるからね。
♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪

1ヶ月ほど前にアップした、
「秋の夜」という作品の続編みたいなものです。
某SNSに昨年の今頃掲載したものを使い回し(苦笑)。

ずっと一緒に過ごしていた大切な存在の彼が
就職を機に私から離れていく…
本当は淋しいけど、ずっと自分を応援してくれた人だから
笑って送り出さないと…って思って書いた手紙がこれです。

自分の中で残しておきたいという気持ちがあって、
送った手紙をそのまま文章にしました。
今読み返すとかなり未練たらしい手紙やな、と恥ずかしく思います。

昨夜、私の勤務先の大学に消防車がいっぱい来て、
一時騒然としていました…
結局ボヤですんだみたいですが、勤務地と自宅が近いため、
急いで様子を見に行きました。焦げ臭かったです(ーー;)
物騒な世の中やなぁ…ほんまやめて欲しいもんです。

| | コメント (2)
|

そばにいて

そばにいすぎて 気づかなかった。
彼のありのままの優しさに。

”電話 かかってくるかも”
そんなこと考えながら 神経はりつめて 
枕もとの充電器にセットしたままの携帯を
ただひたすら じっと見つめる。

気づけば朝…。
着信履歴もメールもなし。

このまま別れるなんて いや
お願いだから 何か言って…。
☆彡・:*:・★彡・:*:・☆彡・:*:・★彡・:*:・☆彡

付き合っていた彼氏と思いっきりケンカして、
「もう別れる!」なんてタンカきったあとに、
帰宅してからものすごいへこむ…。
私にとってよくあるパターンです。

毎日のようにメールしてるのに、
もちろんケンカしてるから届かなくて…。
でも、もしかしたら何か優しい言葉かけてくれるかも?なんて
甘いこと考えて。明らかに自分が悪いのに。

最終的には私から「ごめんなさい」を伝えて仲直り。
ほんま、こんなことなら始めからもめる必要ないやん…。
こんな調子で私は27になった今でも同じようなことを
繰り返しているわけであります。

さて、3連休突入ですね(*^_^*)
なかにはお仕事の方もおられるとは思いますが…。
私は大学時代の部活仲間の結婚二次会に行ってきます☆
残念なことに苦手な中華料理なんですけどね(涙)。

| | コメント (2)
|

願いはひとつ…

1つ年上の彼は年上なのに子供みたいで
狭い部屋の中で いつも後ろから
私を強く抱き寄せた。

淋しくなったらメールを送っては
お互いの心を癒しあってた。
だけど彼の口からはほとんど
「好き」なんて言葉が出ることなんてなくて…。

抱かれていても kissをしていても
”私は大勢の中の1人なのかな”なんて
不安が常に絶えなかった。

「私がおらんでも大丈夫やんね?」
その一言が 彼をあんなに苦しめるだなんて
夢にも思わなかった。

初めて見た彼の涙、初めて聞いた彼の弱音…
最後の彼のぬくもりは 半年以上経った今でも
私の体に残っているよ…。

…とうとう彼の携帯は変わってしまった。
もう彼のこと 探し出せる日は来ない。
◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆

出会いはメールでした。
お互いマッキーが好きで、意気投合して…。
初めて会った日に彼の家にお泊まりしたっけ。
今振り返るとなんて私って軽率やったんやろう、って思います(汗)。

彼の好きな”スカ”と言うジャンルの曲をたくさん教えてもらいました。
普段聴かないジャンルなので、すごく刺激的やったことを
今でも鮮明に覚えています。
もう彼には会えないけれど、中古CD屋さんとかに行くと、
つい彼の好きだったバンドのCDを手に取る自分がいます。
思い出に浸ってしまいそうなので、結局買いはしないんですけどね。

あんなに私のことを大事にしてくれたのに、
私は彼のことをものすごく傷つけて…
本当に最低やと今もなお後悔しています。
職場に彼が来たとき笑顔で私に言った言葉が胸に残っています。
「働いてる姿、かっこいいよ!!」

昨日高校時代の友人2人とランチをしました。
1人は妊娠6ヶ月、もう1人は来年の夏ゴールインです。
私はいったいどうなるかは不明ですが、
みんなが幸せならそれでええかな、なんて思います(#^.^#)

| | コメント (4)
|

save me

気づけばいつも
さりげなく励ましてくれる男性がいる
私のくだらない グチや文句に
いつも的確に応えてくれる男性がいる

隣にいると 顔が熱くなる
だけど彼氏といるときよりも
自分が素直ないいコでいられる感じ
それはあの人の優しさのせい…?

ねぇ、今後私が何かの拍子に
あの人のコト 本気で好きになったら
私は一体 どんな選択をするのかな

何はともあれ 今のところはまだ大丈夫
My lover isn't him.
★**★*――――*★**★*――――*★**★

彼氏とうまくいっていないときに、
別の男性から優しくされたりしてしまうと、
やはり動揺してしまいますよね。
あの頃の私はどうも年上に弱かったように思います(苦笑)。

彼氏には「ええとこ見せよう」なんて
張り切っていたような気がするんですよね。
そやけど、自然体の私と一緒にいてくれる、
そんな彼に気持ちが奪われていたような気がします。

ずいぶん寒くなってきましたね。
事務所の前の掲示板に教員からの連絡事項を掲示しに行く時が
寒いったらありゃしない(>_<)
いちいち上着着ていくのもめんどくさいので、
カーディガン1枚でパタパタ~と外へ走っていって、
必要な作業が終わったらまたパタパタ~って舞い戻って。

金曜日はテンション上がりますね(笑)。

| | コメント (2)
|

3度目の正直

1度目の別れは昨年の7月。
”これ以上彼を裏切れない” 強く思ったから。
だけど 忘れられなくて 2ヶ月後にまた
あの思い出の公園で待ち合わせたね。

朝までいっぱい話した。他愛ないこと。
あなたは最後まで「どっちにするの?」なんて聞かなかった。
しばらくして 手紙が届いて
”彼と幸せになるのが1番”なんて、
あなたは心にもないことを 書いていたね。

あなたのウソに苦しくなった私は、
思い切った選択肢を選んだ。
そう、あなたと一緒に過ごすという決意。
少なくともあの瞬間は あなたを1番愛していた。

私の知らないこと、知らない場所、
たくさんたくさん教えてくれたね。
3度目の正直、あなたからの別れの言葉。

全て思い出に出来る日が来るって 信じてる…。
○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○

二股はよくない…そんなことはよくよくわかっていました。
だけどどうしようもなく彼のことが好きでした。
知れば知るほど思いは大きくなって、
かけがえのない存在になっていました。

当時の彼氏と別れて、作品内の彼のもとへと
歩みだした時期もありました。
作品内にもありますが、あまりにもわかりやすい嘘を、
彼がついたから胸が張り裂けそうになって…。

新幹線や飛行機に乗らないといけないような旅行に
2度ほど行きました。今でも印象強く残っています。
すごくすごく嬉しかったんです。
あんなに楽しい時間は生まれてこのかたないかもしれない、
そんな風にまで思えてしまいました。

今でも時々ふとしたときにメールをしています。
「元気?」、「元気やで」…ほんまにその程度なんですけど、
細く長くつながっていられることが安心です。
大事な友達やと未だに少なくとも私は感じています。

お仕事のドタバタがとりあえずひと段落つきました。
でもほんの一瞬なんです…また来週から多忙な日々が始まる予定。
まぁ来週3連休があるからええかな☆
とりあえずは今日は会議が長引いてお昼休みが15時からでした…。

| | コメント (2)
|

若かりし頃

”化粧なんてするもんか”
高校時代は
そんな風に考えていた私

だけど 19になって
どこかで何かが大きく変動して
今では”化粧ポーチ”なるものを
持ち歩いちゃったりしている

「そのままでかわいいよ」なんて
言ってくれる彼氏の言葉は
素直にうれしく思えるけれど

やっぱり私は 女なのでね…
★゜・。・゜゜・。・゜☆゜・。・゜゜・。・゜★

周囲の友人達が色気づいて、
このままではあかん、と思い「はっ」と目覚めて
自分を飾ることに力を入れた時期、
それが19歳の頃でした。

彼氏はあまり飾り立てた女性には興味がないようで、
私が化粧ポーチとか持ってても
「別にいらんのちゃうん」とかって言ってたっけ。
そやけど、女同士での会話についていけなくなりますしね。

かと言って、そのまま女らしくなったかと言えば、
そうでもなく、年を重ねるにつれて徐々にまた
地味になっていったんですけどね(今もなお進行中)。

結構久々の更新かもしれません。
ここのところ何かとばたばたしていました。
ちなみに職員採用試験の結果はぼろぼろでした…(T_T)
来年も派遣でやっていきますよ、はい。

| | コメント (2)
|

anything O.K.

遅ればせながら
19歳の秋
私は ファーストキスを経験した

人もまばらな海岸で
そろそろ日も暮れる…
まさに私の理想としていたシチュエーション
彼の左手が 私のあごに触れた

彼のキスは激しくて でもどこか優しくて
私の心の中にあったモヤモヤを
見事に 取り除いてくれたのでした

☆:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:☆
2ヶ月前に「あなたの好きな」と言う作品を掲載しました。
大学時代に出来た年上の彼氏とのエピソードです。
私にとってのファーストキスは、彼とでした。
映画みたいにロマンチックなキスやったと記憶しています。
ただ、友達から言われたのが「美女と野獣」(笑)。
私は決して美女ではないですが、確かに彼は野獣っぽかったなぁ。

今頃彼はどうしているのでしょうか。
忘れた頃に時々メールは来るのですが、
本当に年に1度の「近況報告」程度です。
だけど、元気ならそれでええかな…なんて思います。
きっと相変わらず野獣のように(?)ガツガツお仕事にも励んでいるんやろうな
ぁ。

今日はかなり体調が悪いです。
残業も2時間半ほどこなしましたが、38度近い熱にやられてました。
(ちなみに現在も…苦しいっ 涙)
今夜は早く寝て、明日からのお仕事に備えます。
どうやら慣れない有休を取ったせいかな??あらら…(+_+)

| | コメント (4)
|

結局のところ

”しっかりした人” ”真面目な人”
初めて会ったとき そんな風に感じた。
だからずっと私達 男女の友情を
貫き通してこられたんやんね。

「彼女欲しいから 誰か紹介してくれん?」
不意にあの人が告げた言葉に私は
なかなか素直に Yesとは言えなかった…。

しばらく時が経って 同じことを言う女友達が現れた。
気は進まんかったけど 私が口を挟むことではない。
いつしか2人はメールや電話をするようになっていた。

そして あの人からメールは来なくなった。
所詮私は ”紹介のための道具”に過ぎなかった。

もう用は済んだみたいやね。
だけど 私の友達を傷つけるようなことしたら絶対許さない。
きっと私と出会ったときのように
”誠実そう”なマスクで彼女に近づいてるんやろ?

♭#♪♭#♪♭#♪♭#♪♭#♪♭#♪♭#♪♭#♪♭#♪

年上のおとなしい男性。それが第一印象でした。
好きとかそんなのではなくて、気づけば毎日メールしてる、
そんな存在の人でした。

将来の夢を語ったり、今自分がどんな努力をしているか話したり、
まっすぐな人やなぁ…と感じたものです。
尊敬出来るお兄さんのような存在でもありました。
恋愛についてなんて一切話さないし、
別に興味ないのかな?とまで考えてました。

だからこそ、突然の発言に私は耳を疑いました。
27にもなった現在では、紹介で彼氏彼女が出来る…って
言うシステムもわからなくはありませんが、
当時21だった私には結構ショックでした。
ずっと仲良くしてくれてたお兄さん的存在の人が
ガツガツしたただのオトコに見えてしまったので。
…男女の友情って難しいですね。

明日は有休とってのんびり過ごす予定です☆
お金を遣わないように気をつけねば。
気心知れた仲間と平日ホリデーを満喫してきます(*^^)v
午前中は健康診断なんですけどねぇ…。

| | コメント (2)
|

期待?

出会いは偶然の間違い電話
相手は3つ年上の
なかなかファンキーっぽい 大人の男性
電話で話すときは”あんた” ”そっち”
でもメールでは名前呼び捨て

顔すら知らない
知っているのは名前だけ
恋心ではない 何か淡い気持ちが
少しずつ私の中に 芽生え始めてる

早く会おうね
メールや電話じゃ話せなかったこと
直接会って 話そうね

∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞

この作品は先月アップした、
「あなた、と言う人」と言う作品の前段階を表したものです。
もともと彼が間違えた理由は、
私が新しく買った携帯電話の番号を数ヶ月前まで
彼の友人が使っていたらしく、友人に電話するつもりが
私につながった…と言う流れからのようです。

始めはそんなうまい話あるかな…と思ったのですが、
その後頻繁にかかってくる消費者金融からの取立ての電話を
聞いているうちに、”どうやら彼の言うてることは正しいな”と
感じました。怖かったですけど…。
(彼も少しヤク○まがいのことをしていた時期があったみたいやし)

最初は名前も知らない人、
でも気づけば毎日のように電話してる存在、
そんな彼に関心を持ってしまいました。
当時私には彼氏がいたのに…。
案の定、実際話してみたらほんま私の好みのタイプでした(笑)。

久々に映画が見たいなぁ、と今思っています。
もうそんな年齢じゃないかもしれないけど、「恋空」。
絶対泣く自信あります!!(T_T)
なんだか思い切りせつなくなりたい気分です。

| | コメント (2)
|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »