« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

振り返った彼、泣かなかった私

本当はずっと涙をこらえてた。
本当は声を出して泣きたかった。
本当は伝えたい言葉があった。

だけど、泣かずに見送ることが出来た。

出会って約7ヶ月。
色々なことがあった。色々なこと話した。
7ヶ月なんて短い期間で、
こんなに誰かを大切やと思えるなんて
初めて知ったよ。

ネガティブな私をいつも支えてくれた彼。
「ポジティブにならなきゃ」ってずっと言ってた。
ポジティブになんてなれん…そんな風に思ってたけど、
少なくとも彼に出会えたことで私背中を押してもらってた。

彼の使ってたタオルとか、
何かのおまけの白熊とかアライグマのフィギュアとか、
あとは私のために自筆で盤面に曲名連ねたCDとか。
もらったものは他人から見たら些細なものかもやけど、
私にとってはかけがえのないもので…。

絶対見送る時泣くって思ってた。
だけど私、意外にも最後まで笑えてた。
不自然だったかもしれんけど、きちんと笑って手を振った。

最後に手紙を渡そうか迷った。
私の気持ちあまりにもストレートに書いた手紙やったから。
読んだら重い気持ちにさせるような気がしたから。

でも彼は手紙を笑って受け取った。
「電車の中で読みます」なんて言ってた。
情けないくらい弱音ばかりの手紙やのに。

彼の姿が見えなくなるまでずっと見てた。
重そうなかばんを持って改札をくぐる彼。
振り返って私に5回も手を振ってた。
1回振り返られる度涙がこみ上げてきた。

一生会えなくなるわけやない。
「またごはんでも」、最後にそう言った彼の言葉を
私は信じて日々を過ごそうと思う。

また辛くなったらメールしていいですか?
近況報告のメール、くれますか?

今日、面と向かって言えなかった言葉がある。
でも手紙を読んできっと彼はわかってくれているはず。

帰りの電車に乗ってすぐ彼からのメールが届いた。
「遅くまでありがとう、とりあえず荷物が重いです」
やっぱり彼は彼や。これからも変わらないでいて欲しい。
私は彼の応援団長。
この事実はずっと変わらへん。

ランダムで聴いた帰り道のiPod。
最後に流れた曲は彼の部屋で聴いた曲…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ちょうど1年前に某サイトに載せたポエムを
少しばかり手直ししてアップしてみました。
未だにこの時の光景、よみがえります。
きっといつまでも私の心に彼との思い出は生き続ける…
そんな風に思っています。

この作品を書いたあと、彼に会う機会が何度かありました。
やっぱり変わらず素敵な人でした。
一緒にいたら絶対成長出来る、確信しました。
だけど人生はそううまくいかないんですよね。
恋人にはなれないけど、ずっと友達でいて欲しい。
これが今言える正直な気持ちです。

今年最後のアップになりました。
ブログを立ち上げて4ヶ月ほど経ちましたが、
早いもので1700アクセスを超えました。
私の稚拙な作品達を楽しみにして頂いている皆様、
本当にありがとうございます・゜゜(>д<)゜゜・

来年もコツコツではありますがアップしていきますので、
これからもどうぞよろしくお願いします!!
それでは皆様、よいお年を…。

| | コメント (0)
|

いつだって私は

時々私は ガラスのような冷たい心で、
あなたを強く引き離す。
あなたの深い愛を感じているのに、
私はいつだって背を向けていたり
メールだって返さなかったり…。

このままでいいなんてもちろん思ってないし、
あなたには幸せでいて欲しいと思ってる。

これまで幾度となく私は、
あなたの心に傷を負わせてきた。
なのにその度あなたは優しくて…。

”彼氏になんてなれなくてもいい。
 ただいつもお前の力になりたいと思ってる。”
どうしてあなたはいつだってそんな風に、
私を想ってくれるの?

何も応えられなくて本当にごめんなさい。
私は一体どうすれば あなたの力になれるの?

。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。

私なんかのことをどうしてそこまで?
それが正直な気持ちでした。
好きになってもらえるようなこと、
何もしていないのに。今でも本当に不思議です。

そして私自身、卑怯な人間やとつくづく感じました。
相手に思わせぶりな態度をとっていたのかもしれません。
彼との付き合いの上で、学んだことはたくさんあると思います。
今後は気をつけないと、と思えるようなこと。

それにしても最近ついてません。
連休中にカゼひいたのもつらかったのですが、
なんと今朝階段から落ちて怪我しました(T_T)
年始におみくじひくのが怖いです…(苦笑)。

| | コメント (0)
|

ふたりで過ごす

ツリーもない、プレゼントもない。
だけど別に淋しいわけではない。
そう、一緒にいる時間こそが、
私達ふたりの特別な夜。

あらかじめケーキだけは予約してたから、
彼のおうちでぱくぱく食べた。
そう、こんな時間こそが、
私達ふたりのかけがえのない幸せ。

世の中のカップルはきっと、
イルミネーション、腕組みデート、
他にどんなことして過ごしているんかな?
でも別にうらやましいとも思わへん。

風邪をひいたふたりがお布団に横たわって、
何度もキスをする聖なる夜。
こんな私達、風邪うつしあってバカかもしれんけど、
本当に満足。最高の夜。

次は年越し、お互い風邪治して、
おいしいものでも食べに行こうね。
遅ればせながらのクリスマスプレゼント、
期待しないで待っててね。

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆

久々に書き下ろしです。
でも、これが今年のクリスマスなのかどうかは、
ご想像にお任せします(笑)。
ちなみにクリスマス当日(本日)は遅番でお仕事でした…。

皆さんはどんなクリスマスを過ごされたのでしょうか??
是非とも聞かせて頂きたいです♪
お仕事の方もたくさんおられたとは思うのですが…。

あと3日働けば連休!!
さぁ、何して遊ぼうかなぁ、ふふふ(* ̄ー ̄*)
でもお金がないんですよね~。
姪っ子甥っ子にお年玉をあげねばならんのであります(苦笑)。
とは言え喜ぶ顔を見るとたまらなく幸せになりますけどね☆
年末年始で太らないように気をつけねば。ほんま。

| | コメント (0)
|

冬の夜、彼の家

私が言ってたことは
やっぱり 間違ってたね
あのときのケンカの原因も
今 落ち着いて考えたら
私のほうにあったと思う

ケンカしたら仲が深まる…
それは本当やった
あなたの笑顔がいつも以上に
まぶしかったから

これからもケンカしながら やっていこな?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
かなりわがままな私は、そのときそのときで
彼氏に対してものすごい当たり散らしたり、
理不尽なことを言ったりして迷惑をかける
困った女です(相変わらず継続)。

そやけど、言いたいことを言い放ったあとは
相手の気持ちがわかるようになるんです。
自分の言ったことに後悔はしてしまうんですけどね。
(大体私に原因があることが多いので 汗)
「これからもケンカしながら…」のくだりは、
彼氏には申し訳ないものの、これが本音、って感じです。

明日から世の中では3連休ですね。
私も大学時代の友人と飲み会に行ったり、
それなりのクリスマスを過ごしてまいります\(*´∇`*)/
なので更新が数日ストップしてしまいますが…。
どうぞお許し下さいませ(あっ、別に気にしてないって? 笑)。

I wish you a merry christmas!!☆☆

| | コメント (0)
|

お約束

”時が洗い流してくれる”だなんてウソ
ちょっとずつ ちょっとずつ
気持ちは膨らんでるんだから

だからと言って ホント短絡的
”失恋したら髪を切る”なんて
今どき少女マンガの中でも
なかなかない話

それでもやっぱり シナリオ通り
私は思い出と共に髪を軽くする
くだらないこととわかっていながら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
高校生の頃から、失恋すると髪切るクセが
しっかり定着しております。今もなお…(苦笑)。
失恋でなくても、好きな人からきついことを言われたり、
何らかの形で傷ついたりした場合に。
ほんま、懐かしの少女マンガみたいな話ですよね。

だけど、不思議なことに髪を切ると
気持ちがすごくすっきりするんです…理由はわかりませんが。
よしっ、明日からまた気合入れていこう!!って
思えてきてしまうんです。
単純なんでしょうか、私って(汗)。

今年は思い切って有給休暇を使って、
年末年始9連休にしてみようかな、ともくろみ中。
でもそんなに休んでもすることないやん、とも考え中(>_<)
誰か遊んでくれる人を探すのにひと苦労…。

| | コメント (2)
|

hard to say

いつも辛口トークで本音ぶつけ合う。
そんな2人がたった1日だけ冒険をした。

電気を消した薄暗い彼の部屋、
誰にもばれないように、
世界中の誰にも気づかれないように…。

唇を重ねてしまった。抱き合ってしまった。
時々彼は「かわいい」なんて口にして。
いけないことだってわかっているのに、
2人は互いに求め合い、朝を迎えた。

薄暗い部屋では泣くことだって、
「好き」の言葉だって言えたのに…。
朝の光が射し込む部屋では、
もうそんな言葉だってタブーで…。

いつかまた2人が あの夜に戻れる、
そんな日は来るんだろうか?
私はもう 来ないだろうなんて思ってる。

*☆*゜♪゜*☆*゜♪゜*☆*゜♪゜*☆*゜♪゜*☆*゜♪゜*☆*
恋愛感情なんて一切なかった2人。
たまたま私が家の鍵を忘れて帰れなくなって、
困っている時に彼が私を家に連れ帰ってくれました。
同じコタツに入って、ゆっくり時間が流れて…。

今までは友情と言う絆でつながっていた私達2人、
この夜だけは暗闇に紛れて…若かったです(苦笑)。
翌朝にはお互い何もなかったかのように、
会社でも普通に話してました。
やや彼が緊張しているようにも見えましたが。

彼とはその夜以来、何もありませんでした。
風のうわさによると彼は実家に帰ってしまったそうで、
もう会うこともありません。
ばかやなぁ、って思う反面、ほろ苦い思い出です。

ここで皆さんにご報告が1つ。
先日受験した職員採用試験(現在派遣で勤めている大学の)ですが、
奇跡的に最終面接をクリアし、なんと4月から契約職員として
働くことになりました(゜Д゜ノ)ノ
絶対不合格であろうと言う確固たる自信(?)があったので、
ほんまにびっくり仰天でした。

応援して下さった皆さん、ありがとうございました!!
私、派遣生活を1年で脱出します☆(←アイドル風)

| | コメント (3)
|

てのひら

隣にいる彼に甘えて
隣にいる彼と 唇重ねて
間違いなく 幸せなはずなのに
なぜか 暗い影が私の心にぽつり…

自分から手放した恋を
いつまでも忘れることが出来ない
そんな私は まるで
行き場を失った 子犬のよう

しっかり私をつかまえていて
誓って 私だけ愛すると
そうじゃないと また私
あの恋に迷い込んでしまいそうで

。o○゜+.。o○゜+.。o○゜+.。o○゜+.。o○゜+.。o○

昔の恋をいつまでも引きずる、
これって決していいことではありませんよね。
勿論この時点の恋に不満があったわけではないのですが、
とても印象深い人がいて…。
自分から別れを切り出したのに、なんともせこい話です。

”行き場を失った”なんてよく言えたものです。
当時の私がどれだけ傲慢だったかわかります。
自分のことを強く愛してくれる人が隣にいるのに、
まるでひとりぼっちになってしまったかのような…。

だけど、その彼の大きなてのひらが
私をあたたかく包んでくれたので、徐々に彼のことを
忘れることが出来ました…。

日曜日は大学時代の友人の結婚式です☆
幸せな姿を見て、幸せなポエムをたまには書かねば…(笑)。
私自身は結婚式には憧れませんが、
個人的にはウエディングドレスのコスプレしてみたいな(*^_^*)
えっ、気持ち悪いって??(苦笑)

| | コメント (2)
|

過ぎ行く日々

季節を重ねるごとに
あなたへの 愛は深まっていく
カレンダーをめくるたび
あなたのことどんどん好きになる

こんな幸せがいつまで続くんだろう
いつかはやっぱり
あなたを嫌いになる日が 来るのだろうか

そんな日が来ないことを信じて
私は今日もカレンダーをめくり
新しい月を むかえる…

●。.*゜・。..。+゜*.。●。.*゜・。.。+゜*.。●。.*゜・。.。+゜.。●

恋愛をするといつもこうです。
見えない不安に押しつぶされそうになってしまいます。
何か嫌われるようなことをしてしまったらどうしよう、とか
どうやったらもっと好きになってもらえるかな…とか。

普段の私って周囲から見ると”クール”らしいんですよね。
でも、実のところはこんな”びびり”です。
それやのに恋多き女ってのがまた意味不明ですね。ほんま。

先日ドリカムの新アルバムの曲をTVで聴きました。
もともとドリカムの詞が好きなのでよく聴くのですが、
今回のアルバムには吉田美和さんが亡き夫に宛てた曲が
収録されているのですが、本当にせつない歌詞で泣いてしまいました。
吉田美和さんがまた明るい笑顔を見せてくれはりますように。

今日はシリアスなnoricchiでした(o´д`)=э

| | コメント (2)
|

Time Over

”毎日 顔が見たいよ”なんて、
嬉しい言葉やメールをいつも送ってくれてたね?
バイトの帰り道 すぐそばのコンビニの駐車場に、
車を止めて 私を待ってるあなた。

本当に毎日のようにあなたは、私に会いに来てくれたよね。
彼氏がいるってわかっていながら
何度も抱きしめてくれた…。

いつしかあなたは駐車場に現れなくなって、
他に大切な人を見つけたって知った。

用済みになった私は今でも、
あなたから借りた浜崎あゆみのMDを捨てられないまま。
あなたの物を持っている限り、
またきっと会えるに違いない なんて思いながらも

時々入ってくる”久々に会おうよ”なんてメール、
ずっと無視している私がここにいる…。

∞♪∽♪∝♪∞♪∽♪∝♪∞♪∽♪∝♪∞♪∽♪∝♪∞♪
大学時代、バスで2駅ほど行ったところにある、
学習塾でアルバイトをしていました。
作品内に出てくる「あなた」とはとあることから出会いました。

塾のすぐそばにあるコンビニの駐車場に車を止めて、
「お疲れ様」って言ってもらえるそのひとときが嬉しくて、
バイトにも身が入ったものです。
車の中でのデートがほとんどやったけど、
たくさん抱きしめ合って、たくさんキスをして…。

でも別れの日は突然やってきました。
「やっぱり彼氏いるのによくないよ」、もっともな意見。
バイト帰りのバスを待つ寒い日々が続いていくうちに、
大事な人を失った悲しみがこみ上げてきました。
後で知ったことですが、女子高生の彼女が出来たらしいです。

別れる前に私が欲しがっていたMDをもらいました。
今はiPodばかり聴いているので、
もうどこにいったかわかりませんが…(苦笑)。
「久々に会いたいな♪」なんて軽いメールがしばらくは
届いたものです…下心見え見えと言うか。

昨日なんとなーくの流れでルミナリエに行ってきました!
人はかなり多かったですが、とても綺麗でした☆
去年多忙で行けなかった分、2年分楽しんできましたよ~。
皆さんは家にツリー出したりしてますか?(^.^)

| | コメント (3)
|

my teenage memories

海岸で唇重ねた初冬
2人で抱き合ったクリスマス
笑顔があふれたバレンタイン
観覧車から見た3月の景色
夜中まで体温感じあった5月の連休

まだまだいっぱい 最高の思い出があるよ
今でも輝いている 数々の思い出が…

当然のように そばにいて
笑顔をくれた彼に
あの時出逢っていなければ
こんな気持ち 知ることもなかった

ありがとう my darlin'

+:;;;:+:;;;:+:;;;:+:;;;:+:;;;:+:;;;:+:;;;:+:;;;:+
先月アップした「若かりし頃」と言う作品と
リンクする内容、と言った感じで作ったものです。
とんでもなく強引な彼氏ではありましたが、
さりげない優しさがところどころ垣間見れて、
本当はとても大きな存在やったんやな…と思います。

「当たり前」って言う存在の人って、
ついつい甘えてしまうんですよね。
結局この彼とは8ヶ月ほどで終わってしまったのですが、
非常に内容の濃い時間を過ごすことが出来た、と感じます。

昨日久々に梅田へと繰り出してきました。
懐かしい以前の職場の先輩とお話したり、
もうすぐ退職する後輩とお茶したり、
はたまた同期とカラオケではじけたり、
どんだけー??って言うくらい怒涛のような予定ラッシュでした。
今週末はちょっとのんびりしたいな☆

| | コメント (2)
|

意外な展開

あなたが選んだのは
私じゃなかったはずでしょう?
なのに 今頃になって
何フザけたこと言ってんのよ?

私を助手席に乗せて
『俺やっぱりお前がええわ』だなんて
そんなフェイント絶対にないよ!!

だけど好きになってしまいそうだなんて
口が裂けても言えないよ
あなたに選んで欲しいだなんて
もう絶対口に出せない…

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
仲の良かった先輩が、私の友達を好きになって…。
私は彼女との仲を取り持つように努めました。
なのに、彼は上のポエムのように、
非常に失礼な言葉を私に伝えたのです。

もともとその先輩のこと好きだった私にとっては、
あまりにも複雑な心境で、
悔しいやら、その反面少しときめきやら…
でも勿論ながらやっぱり気が悪かったので、
しばらく距離を置きましたけどね。

今日はお仕事でイラッとする出来事がありました。
はっきり言って「何でこんな要領悪いん?」ってな具合です。
さすがに派遣という立場であっても不愉快な思いをしたので、
感情的な言葉を発してしまいました(+_+)
まだまだ修行が足りません…。
明日が有休でよかったです、気持ちきりかえられるし(笑)。

| | コメント (2)
|

Very Thanks

何度励まされてきただろう
多くの人からもらった
「ありがとう」に 心からの笑顔に

アルバイトも就職も
新しい出会いが絶えない
そんな職場を選んできた

誠心誠意自分のスタイルで
相手に喜んでもらえるよう
努めてくることが出来た
自己満足かもしれないけれど

何もたいしたことしていないのに
彼氏も私を愛してくれる
「いつも感謝してるよ」なんて
私にはもったいなさ過ぎる言葉

次は私がみんなに
「ありがとう」を伝える番
いつも照れくさくて
うまく表現出来ないけれど

本当に本当にみんな
Very Thanks!

。o○゜+.。o○゜+.。o○゜+.。o○゜+.。o○゜+.。o○゜+.。o○
久々に思いついたままに書いてみた作品です。
世の中の人にお礼を言いたい、と素直に思えたので。
そして、自分が接してきた多くの人達と
これからもずっと一緒に過ごしていきたい、と感じたので。

周囲の人達からさんざん励まされてきたのに、
自分自身はたいして何も言えなかった…
それがすごく申し訳ない、と言う気持ちが大きいです。
だからこそ、私の気持ちを私なりの言葉で伝えたいな、と
思って出来た作品がこのポエムです。

早いもので12月になりました。
その割には意外とあったかいと感じるのは
私だけでしょうか?麻痺してるだけ?
皆さん、風邪をひかないように気をつけましょうね(^.^)

| | コメント (2)
|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »