« いつだって私は | トップページ | 新年のご挨拶 »

振り返った彼、泣かなかった私

本当はずっと涙をこらえてた。
本当は声を出して泣きたかった。
本当は伝えたい言葉があった。

だけど、泣かずに見送ることが出来た。

出会って約7ヶ月。
色々なことがあった。色々なこと話した。
7ヶ月なんて短い期間で、
こんなに誰かを大切やと思えるなんて
初めて知ったよ。

ネガティブな私をいつも支えてくれた彼。
「ポジティブにならなきゃ」ってずっと言ってた。
ポジティブになんてなれん…そんな風に思ってたけど、
少なくとも彼に出会えたことで私背中を押してもらってた。

彼の使ってたタオルとか、
何かのおまけの白熊とかアライグマのフィギュアとか、
あとは私のために自筆で盤面に曲名連ねたCDとか。
もらったものは他人から見たら些細なものかもやけど、
私にとってはかけがえのないもので…。

絶対見送る時泣くって思ってた。
だけど私、意外にも最後まで笑えてた。
不自然だったかもしれんけど、きちんと笑って手を振った。

最後に手紙を渡そうか迷った。
私の気持ちあまりにもストレートに書いた手紙やったから。
読んだら重い気持ちにさせるような気がしたから。

でも彼は手紙を笑って受け取った。
「電車の中で読みます」なんて言ってた。
情けないくらい弱音ばかりの手紙やのに。

彼の姿が見えなくなるまでずっと見てた。
重そうなかばんを持って改札をくぐる彼。
振り返って私に5回も手を振ってた。
1回振り返られる度涙がこみ上げてきた。

一生会えなくなるわけやない。
「またごはんでも」、最後にそう言った彼の言葉を
私は信じて日々を過ごそうと思う。

また辛くなったらメールしていいですか?
近況報告のメール、くれますか?

今日、面と向かって言えなかった言葉がある。
でも手紙を読んできっと彼はわかってくれているはず。

帰りの電車に乗ってすぐ彼からのメールが届いた。
「遅くまでありがとう、とりあえず荷物が重いです」
やっぱり彼は彼や。これからも変わらないでいて欲しい。
私は彼の応援団長。
この事実はずっと変わらへん。

ランダムで聴いた帰り道のiPod。
最後に流れた曲は彼の部屋で聴いた曲…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ちょうど1年前に某サイトに載せたポエムを
少しばかり手直ししてアップしてみました。
未だにこの時の光景、よみがえります。
きっといつまでも私の心に彼との思い出は生き続ける…
そんな風に思っています。

この作品を書いたあと、彼に会う機会が何度かありました。
やっぱり変わらず素敵な人でした。
一緒にいたら絶対成長出来る、確信しました。
だけど人生はそううまくいかないんですよね。
恋人にはなれないけど、ずっと友達でいて欲しい。
これが今言える正直な気持ちです。

今年最後のアップになりました。
ブログを立ち上げて4ヶ月ほど経ちましたが、
早いもので1700アクセスを超えました。
私の稚拙な作品達を楽しみにして頂いている皆様、
本当にありがとうございます・゜゜(>д<)゜゜・

来年もコツコツではありますがアップしていきますので、
これからもどうぞよろしくお願いします!!
それでは皆様、よいお年を…。

|
|

« いつだって私は | トップページ | 新年のご挨拶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつだって私は | トップページ | 新年のご挨拶 »