« 断言 | トップページ | 同窓会 »

彼には彼なりの…

仕事の出来ない私を、きつい言葉投げかけながら
優しく支えてくれた彼。
あまりの態度の悪さに周囲からも陰口たたかれ、
それでもそのキャラを貫いていた彼。

何度か私は優しさを感じた。
”俺やって仕事出来るわけじゃない。
 だから一緒にやっていこうな。”
私が時々弱音を吐くと、
”悩む前に相談しろ、抱え込むな。”

本当はもっと仕事の出来るオンナになって、
振り向いてもらいたかった。
だけどそんな日は来ないまま時は過ぎ。

仕事では見せたことのないような表情で、
”彼女”と手をつないで電車に乗り込む彼…。

瞳を閉じれば彼なりの精一杯の優しさが、
たくさん たくさん 思い返されてきた…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
私にとって前の職場における人間関係は非常に苦痛でした。
支えてもらえる先輩社員がいない…と言う状況でした。
そんななかで作品中に出てくる「彼」は本当に心強い存在でした。

また私が異動するときに普段筆不精なのにお手紙を頂いて、
4年経った今でも大事にそのお手紙はとってあります。
恋愛感情と言うより憧れ、そうやとわかっていたものの、
やはり実際彼女さんといるところを目の当たりにすると
キツイものがあったことを記憶しています…。

早いもので間もなく6月ですね。
梅雨のシーズン到来です(*´Д`)=3
毎日傘を持って通勤するのがめんどくさいったら。
でも意外と雨が好きでもある私…(笑)。

|
|

« 断言 | トップページ | 同窓会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

雨なんて、大っ嫌いですshocksweat01

投稿: 緋音 | 2008年5月29日 (木) 10時54分

そんなに嫌いなんやcoldsweats01
まぁ確かにうっとうしいかもしれんけどなぁ…。

投稿: noricchi | 2008年5月29日 (木) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 断言 | トップページ | 同窓会 »