« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

離れた場所から…

あの人が語っていた『夢』が
もうすぐ現実のものとなる…。
振り返れば自暴自棄になって、
私に八つ当たりしたこともあったっけ。

そんな困難も乗り越えて、
あの人は近い将来 脚光を浴びることになる。
夢がかなって嬉しい反面、
私から離れていくのかな、なんて心配で。

”忙しくなっても時間は作るから また会おう”
その言葉、信じていいんやんね?
離れていても 心はそばにあるんやんね?

一緒に見たルミナリエ、一緒に行った遊園地、
歌詞の中に登場させてみてよ。
私きっと泣いてしまうやろうけど。

ファンクラブが出来たら絶対会員番号『1』になる。
そのくらい私、応援してるからね?

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
昔の男友達が歌手デビューに向けて
オーディションの最終選考まで残ったとき、
ふと彼が遠ざかっていくように感じました。
そんなときに書いたのがこの作品です。

彼の夢がかなったとき、きっと感激するやろうけど、
それと同時に彼が離れていくのが悲しくなって…
好きやと言う言葉は聞くことは出来なかったけど、
何度か手をつないだり、キスをしたり…
あの時の彼はどんな気持ちやったんかなぁ?

月日が流れるのは本当にあっという間で、
気づけばもう11月ですね…。
ぼちぼち寒さ対策をせねば、と思っております。
未だに衣替えしてない私って一体…(-_-;)
学園祭の準備をしてる学生さん達が
とても楽しそうにしているのがほほえましいです。

| | コメント (0)
|

ありったけの思い

彼の腕の中で号泣した

”どうして私は こんなに弱いんだろう”

涙ながらに彼に問いかける私

そんな私に彼は優しく言った

”俺は弱いやなんておもわへん”

彼の言葉が私の胸に響いた

対人関係や体調不良に悩む私を

あたたかく見守ってくれる彼

いっぱい いっぱい愚痴っても

頭をなでながら 聞いてくれる彼

こんな人にはもうきっと出会えない

手放しちゃいけないこの恋

ずっとずっと離れないで

ずっとずっと離さないで

強く強く 彼の手を握りしめた

゚・*:.. ..:*・゜゚・*:.. ..:*・゜゚・*:.. ..:*・゜

どん底まで落ち込んで、にっちもさっちもいかなくなっても

優しい彼氏のおかげで幾度となく助けられてきました。

情けない姿も、恥ずかしい自分も、

全て受け止めてくれる彼は本当に魅力的でした。

今思えばほんま甘ったれてました。

あまりにも彼が優しいから愛しくて愛しくて…

もう絶対に離れたくないって強く思いました。

でもその前にもっと強くなって、

彼が落ち込んでるときに助けられるようになろうって

心に決めたものです。

未だに私は弱いヤツのままですが…。

| | コメント (0)
|

たった1度だけ…

車に乗り込むと彼は優しく微笑みながら、
”ずっと会いたかった”と私に言った。
彼女がいることは知っていた。
だけどうまくいってないことも知っていた。

”1日だけ、1日だけ 彼を下さい。”
私はそんな思いで彼の胸に顔をうずめた。
彼も私を愛してくれた…。

翌朝、隣にいる彼にkissすると、
”また会おう。絶対会おう。”
確かに私の目を見てそう言ったのに。
『1日だけ』なんて私が考えたから?
彼は私の前から 姿を消した…。

離れる前に何か言って欲しかった。
黙っていなくなるなんてずるいよ。
すぐにいなくなるくらいなら…
愛してくれなくたって 良かったのに…。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
メル友として出会った2人。
お互いに相手がいるのは知っていたけど、
気づけばひかれあい、実際に会いたいって
思うようになりました。
…そして実際に会ってみたらやっぱり素敵な男性(ヒト)で…

最後に笑って”また会おう”って言ってくれたとき、
すごくすごく嬉しかったのに。
別にそれ以上の展開を求めたわけじゃないのに。
どうして何も言わず姿を消したの?
メールを送ったらリターンメールが返ってきたよ。
彼女さんにバレてしまったのかもしれないな…。

今日はバイト中パソコンとにらめっこで終わった1日でした。
さすがに肩もこるし、眠くもなるし、もう大変です(T_T)
お昼に食べたパンはおいしかったけど、
カロリー高そうやったので今になって後悔してます(涙)。

| | コメント (2)
|

伝えたいこと、すべて

このイライラを どこへぶつければいいのか
家族?恋人?友達?それとも自分自身?
私は暗闇をさまようかのように
夜の街をひとり泣きながら歩いた

私はそれだけで満足だった
好きなように行動できる時間が幸せだった
でも 私の行動が こんなにも
周囲の大切な人達を苦しめていたなんて

涙ながらに私を抱きしめる 母や恋人
嬉しくてたまらないはずなのに
私には”笑顔”と言うものが作れない

だから小声でしか言えないんだけど
”ありがとう” これが私の全てだよ
”ありがとう” こんな私を見放さずいてくれて…

o○o゚,。o○o゚,。o○o゚,。o○o゚,。o○o゚,。o○o
気分がどん底まで落ち込んで、
自暴自棄になった時期がありました。
泣きながら夜中にマクドまで行ったり、
夜の公園で1人でブランコに乗ったり…。
私自身はそういうことをして気分が楽になっていたのですが、
やっぱり周囲の人からしたらすごくいたいたしく見えたらしく。

優しい目で見守ってくれた家族や大切な人々に感謝です。
自分自身が辛い思いをしたのはもちろん、
他の人にまで辛い思いをさせてしまったこと、
深く反省しています。
この場を借りて、本当に”ありがとう”です。

バイトを始めてちょうど1ヶ月経ちました。
病欠で4日ほど休んでしまいましたが(涙)、
なんとか順調に働いています。
朝夕が冷えるので、カーディガンが手放せません。
でもこのくらいの季節がちょうどええ気候ですね☆

| | コメント (0)
|

こういうのも悪くない

他人に影響されるのが 嫌いな私
だから 誰かのために
あーなりたい こーなりたい なんて
決して思わなかったのに
不思議やね こんなの初めて

彼が使ってる 待受画面マネしたり
彼が似合うって言うから
珍しく 明るい色のカーディガン買ったり

”他人から影響受けるなんてカッコ悪い”
そんなこと考えていた私は
一体 どこへ行ってしまったんやろう
だけどこれまた 不思議なことに
こんな自分”かわいい”やなんて
思ってみたりもして

だって これも全て”彼のため”やもん…

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
誰かに影響を受けるなんて本当に驚きでした。
他人は他人、自分は自分…
みたいな考え方でいつも過ごしていたので。
だけどそんな考え方も大きく変わってしまうような、
そんな相手に出会えたわけです。

始めはなんだかカッコ悪いなぁって思っていましたが、
その人のために変わりたいって思えることは
よく考えたら素敵なことなんやないかって感じました。
それによってもっと好きになってもらいたいって
思うことから生じる努力のあらわれやと思うので。

体調が少しずつ回復してきました。
まだ食欲が戻りませんが…。
3ヶ月くらいゴロゴロしていたのに
急にフルタイムで働くのはやはり厳しいものですね。
でもなんとか続けていけそうです★

| | コメント (0)
|

光を求めて

私は今 暗闇の中にいる
その暗い中で長い間 苦しんでいる
助けて欲しい 助けて欲しい
必死でもがいて 光を求めている
でも どんなにもがいても届かなくて

別に何かに悩んでいるわけでもない
別につらいことがあったわけでもない
なのにどうして こんなに苦しいんやろう
日常の生活に支障をきたすほどに
時々襲ってくる 形の見えない悪魔

早く元気になりたい 普通の生活を送りたい
心から笑いたい 泣いてばかりの自分が嫌だ
どうしたら立ち直れる?
ねぇ どうしたら私は また笑えるの?

◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆
原因不明の体調不良に襲われて、
なかなか治らない苦しみをあらわした作品です。
どうしてこんなにつらい思いをしないといけないのか。
心から笑うことを忘れてまるで人形のようでした。
毎日毎日泣いて泣いて苦しいのをこらえて…。

神頼みもしたし、色々なお薬も試したけど、
体調は良くなるどころか悪化するばかりで。
精神的に悩むようなストレスも見当たらず、
辛い思いをしている理由が体調不良なんて。
精神的なストレスの原因がわかっていた頃の方が懐かしい。

先日誕生日をむかえ、28歳になりました。
でも、この1週間吐き気がひどく、
なかなか出勤出来ない状態でした。
特に今は職場にストレスを感じたりはしてないのになぁ。
何が原因でしんどくなってるのか知りたいです(涙)。

| | コメント (2)
|

エイプリルフール

ほんの冗談やった。
『私 もうすぐ結婚するかも』

そんなメール送って反応を楽しみにしてた。
”驚いて電話かけてくるかも?”なんて思ってた。
なのにあなたからの返事は意外なもの。
『おめでとう 俺も今年中にゴールイン』
…これは冗談?…

エイプリルフールは嘘をついても許される日。
でもあなたは そうじゃなかった。
その日から連絡は途絶えてしまった。

あなたからのメールは本気やったんやね。
私はついてはいけない嘘をついたんやね。
”お互いの道を歩む” 美しい終わり方、
あなたは望んでいたんやろうね。

2人で過ごした時間は 忘れないから。
そして私も彼と幸せになるから…。

☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆
冗談で送ったメールからショックな事実を知る、
まるでドラマのような展開でした。
それまですごく仲良くしていたので、
もっと早く教えてくれたらよかったのに…。と感じたと同時に、
エイプリルフールに事実を聞かされるなんて…と
驚きが隠せない状態でした。

お互いにパートナーがいるのはわかっていたものの、
実際「結婚」と言う言葉を目の前にすると慌ててしまいました。
私もつまらない嘘をついたものです。
今頃彼が幸せな結婚生活を送っていることを
心から祈っています。

周囲の友人たちがどんどん結婚していく中、
私はいつまで独身でいるのでしょうか(笑)。
と言うよりも、結婚願望ないから別にええんですけどね。
今はとにかくずっとゴロゴロ生活やった日々から、
お仕事モードに切り替えねば、って感じです(-_-;)

| | コメント (0)
|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »