« たった1度だけ… | トップページ | 離れた場所から… »

ありったけの思い

彼の腕の中で号泣した

”どうして私は こんなに弱いんだろう”

涙ながらに彼に問いかける私

そんな私に彼は優しく言った

”俺は弱いやなんておもわへん”

彼の言葉が私の胸に響いた

対人関係や体調不良に悩む私を

あたたかく見守ってくれる彼

いっぱい いっぱい愚痴っても

頭をなでながら 聞いてくれる彼

こんな人にはもうきっと出会えない

手放しちゃいけないこの恋

ずっとずっと離れないで

ずっとずっと離さないで

強く強く 彼の手を握りしめた

゚・*:.. ..:*・゜゚・*:.. ..:*・゜゚・*:.. ..:*・゜

どん底まで落ち込んで、にっちもさっちもいかなくなっても

優しい彼氏のおかげで幾度となく助けられてきました。

情けない姿も、恥ずかしい自分も、

全て受け止めてくれる彼は本当に魅力的でした。

今思えばほんま甘ったれてました。

あまりにも彼が優しいから愛しくて愛しくて…

もう絶対に離れたくないって強く思いました。

でもその前にもっと強くなって、

彼が落ち込んでるときに助けられるようになろうって

心に決めたものです。

未だに私は弱いヤツのままですが…。

|
|

« たった1度だけ… | トップページ | 離れた場所から… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たった1度だけ… | トップページ | 離れた場所から… »