« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

年末のご挨拶

皆様にとって2008年はどんな1年でしたか?

私にとってはとにかく体調不良な1年で(特に下半期)、

ブログの更新が滞ってしまったのが本当に残念でなりません。

でも年末は結構体調が回復して安心しています。

皆様素敵な年越しをお迎え下さい★

今年1年ありがとうございました!!

2008年12月31日 noricchi

| | コメント (2)
|

オドロキの展開

この会社で働くのも 残すところあとわずか…
そんなこと考えながら 何気なく過ごしていた日々。
会社で出会いがあるわけでもなく、
いつもやる気のないカッコで通勤してた。

『私、平日の出勤は今日が最後やねん。』
何気なくこぼした一言に、
あなたは何を思ったのやろう?

おもむろに私に書類を手渡す。
『つまらないもんですが、読んで下さい』
あなたが立ち去った後、”つまらないもの”を読む私。
どうやら論文?らしきもの。

自分の取り組んでいることを私に教えたかったのかな?
最終ページを開いてみたら、
そこにはあなたの名前とメールアドレス。

ただの”顔見知り”から”トモダチ”へと
step upした瞬間。
思わず笑みがこぼれてしまった。

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆
退職直前。引継ぎも終えて、なんとなく出勤して
ある程度お仕事したら退勤して…
そんな生活を繰り返していました。
最後に大仕事をやり遂げる!!
なんて考えも一切なくて(苦笑)。

最後の最後に時々就職支援室で話してた、
作品の中に出てくる「あなた」に出会いました。
顔はよく知ってるのに、実は名前は知らない…
そんな彼から思いがけないプレゼント(?)を
もらったことは、私の中のびっくりニュースでした★

さて、年末のポエム更新は本日で最後です。
たくさんの方々から感想を頂き、
日々精進、でも残業が多くて更新回数ダウン…
と言った状況でした。
来週に年末のご挨拶コラムをアップする予定ですので、
よろしければご覧下さい(^^)

| | コメント (0)
|

Heartful Christmas

クリスマスはお仕事で会えないから、
2人でちょっと早いクリスマス。
ケーキとかプレゼントとか、
そんな1日を心待ちにしていた。

なのに ささいなことでケンカ。
私は泣きながら1人その場を離れて。
…気づけば喫茶店で音楽聴きながら、
鳴らない携帯とにらめっこしていた。

何時間くらい経ったやろう。
冷静に考えたら 私が悪かった。
ちゃんと謝らなくちゃ。

もう1度にぎわう街にUターンして、
彼に似合う黒のセーターを買った。
そして電車に乗り込んで彼のもとへ。

彼はあたたかく受け入れてくれた。
私より先に”ごめんね”って言われてしまった。
私も負けないくらいに”ごめんね”を繰り返した。

2人で寝室のテレビを見てるうちに、
時刻は0時を過ぎクリスマス・イブが始まった。
隠しておいたプレゼントに手紙を添えて、
テレビの光のもとでそっと渡した。

彼が耳元でささやいた。
”こういうかわいらしいところが大好きなんやで”
”ありがとう” また私は泣いてしまった。

。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○
タイムリーポエムです(笑)。
説明することもなく、読んだままです(笑)。
お恥ずかしい限りですが、
これが2008年の私のクリスマスの一部始終です。
珍しく書き下ろしてしまいました。
皆様も素敵なクリスマスをお過ごし下さい☆

| | コメント (2)
|

それはまるで

眼下には 大きなクリスマスツリー

色とりどりの美しさに 私はしばし手を休めた

勤務中に癒されるひととき

ガラスにへばりついて 1人で楽しんだ

そのとき あの人が私を後ろから抱きすくめた

”誰かに見られたらどうするん”

私が 少しあわててあたふたしていると

”そのときはそのときやろ”と

あの人の唇がそっと私の言葉をさえぎった

まるでドラマのよう ただ残念なことに 

主演2人は美男美女ではなかったけれど

本当に幸せな時間やった

今をさかのぼること3年前の お話

今年もツリーの季節がやってきた

一緒に見る相手は あの人ではないけれど

ごめんね きっと少しだけ

私は 過去の思い出に浸ってしまうと思う

でも 今好きなのは貴方だけだから

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

ここで言う「あの人」とは結局のところ

結ばれなかったわけですけど、

”私は今幸せやで”って

あの人に伝えたい気持ちでいっぱいです。

フラれた私が言うとウソくさいかな?

そやけどあの時の私達は、

ドラマみたいな恋愛に溺れていました。

別にカッコつけたかったわけやないけど、

ふたりで見たもの、聞いたものがどれも素敵で。

最高に輝いていたのは、あの人と見たツリーでした…。

あの人がそばにいてくれたから余計にかな?

昨日は原因不明のテンションダウンで、

お仕事する気力がなくなり、

ついついお休みしてしまいました…。

今月は体調不良も重なって、

かなりの日数欠勤しています(涙)。

| | コメント (0)
|

遅すぎた和解…

まだあの頃の私達は 恋愛なんてもの、
全然わかっちゃいなかった。
でも1つだけ言えることがある。
私は彼に憧れていた。

うぬぼれているわけじゃないけど、
彼も私のこと 気に入ってくれてると信じてた。
気づけばいつも 隣にいたから。

そんな私達は些細なことから 離れてしまい、
成長すればするほど 距離は広がるばかり。
結局話すこともないまま 時はどんどん流れ、
私も20代半ばへと突入してしまった。

もう彼のことも忘れかけていた頃、
サンタクロースは遅すぎたプレゼントを
私へと運んできた…数年越しの再会。
”元気にしてた?今どうしてるん?”
彼の優しい声が、私の中のわだかまりを
ゆっくりととかしていった…。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
小学生の頃、いつも私のことをからかってくる
クラスメイトの男子がいました。
周りからは「アイツあんたのこと好きなんちゃう?」とか
言われるくらい時間を共にしてきました。
でも、私は知っていました…彼に好きな人がいることを。

ある時を境に彼の態度が急変して、
気まずいまま中学生活を終え、進路も別々、
結局元には戻れず…心の中で悔やんでいました。
だけど偶然はあるもので、去年12月、
ひょんなことから彼と話す機会が。
お互いが誤解していたことに気づき、
最後には「またね」と言えるまでに距離を縮められました。

…今年は結局ルミナリエに足を運ぶことが出来ませんでした。
今までほぼ毎年行っていたのですが、
体調が万全でなかったこともあり、今回は断念(>_<)
空気も悪いやろうし…。
どなたかルミナリエ行ってきた方おられましたら、
感想聞かせて下さいな♪

| | コメント (0)
|

冬だけど、あったかい

年賀状を書きながら ふと思いついた
『そうや、今年はあの人にも書いてみよかな』

あの人のこと あきらめたつもりでおったけど
やっぱり大切で かけがえのない人やから
直筆で"A Happy New Year"なんて
書いてみたいやん、とか

思い切ってメールしてみた
『年賀状書いてもいいですか?』
返信が来るまで ドキドキしていたら
『ありがとうございます、お願いします』って
あの人の新住所が記されていた

アホやなぁ 1回フラれたのに
また優しさで心ときめくやなんて
未練以外の何ものでもないやん

そやけど 正直なところ今の関係も
決して悪くないかもとか思う
私達が最終的にどうなるのかわからんけど
男女の友情は成立する…
なんて妙に納得したりして

o○o。.☆.。o○o。.★.o○o。.☆.。o○o。.★.
なかなかタイムリーなポエムです。
年賀状って送るのも送られるのも、
楽しい気分になってしまうんですよね。
ましてや好きな人から「書いて下さい」とか
言われたら、嬉しくて嬉しくてたまらない…
私だけでしょうか?そんな単純なヤツ…。

でもこのポエムは実は淋しくもあるんですよね。
だって1回フラれてるんですから。
なのに年賀状書いて欲しい、って言われても…。
とは言えそんな不思議な関係を楽しんでる私がいます。

さぁ、ほんまに年賀状シーズン!!
私はとりあえずハガキ印刷まではしたものの、
なかなか宛名書きが進まない状況です(苦笑)。
1枚1枚文面を変えてるから進まないんですかね(^_^;)

| | コメント (0)
|

おかえり

誰からも必要とされてない、と
孤独を感じた私は 挫折してしまった
本当は もっと頑張れたはずやのに
途中で足が止まった

真っ暗な部屋で過ごす毎日
食事もろくにとらず
きっと 社会復帰は無理やと感じていた
私を支えてくれる人が あの場所にはいない
そう考えると しんどくて辛くて
気づいたときには 退職していた

もう2度と戻るはずのない場所
そう感じていた職場に戻る日がやってきた
バイトとは言え 不安でいっぱいやった

何事もなかったように迎え入れてくれた
私のデスクは 退職前と変わらず残っていた
誰も言わなかったけれど
”おかえり”って言われているように感じた

もう1度 もう1度だけ やってみようかな
無理をせず 出来るところまで

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
私は今、某大学でアルバイトとして勤務していますが、
もともとは派遣職員、契約職員と昇格して
これから頑張っていこう、と思った矢先に
まるで糸が切れたかのように心身ともに
傷ついてしまい、前に進めなくなってしまいました。

原因は主に職場の環境変化にあったのですが、
さんざん家族や彼氏に伝えたいことをぶちまけながらも
温かく見守ってもらったおかげでなんとか復帰しました。
アルバイトと言う身分上、収入面は厳しいですが、
以前よりリラックスして働けるようになったので、
結果的にはこれでよかった、と思っています。

最近また家庭不和で悩んでいます。
せっかくバイトが軌道に乗ってきたのに、
ここにきてまた家庭の問題が…(T_T)
なんでこう次から次に嫌なことが起きるんかなぁ。
なんかええことないやろか、と感じる日々です。

| | コメント (0)
|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »