« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

私まで嬉しくなったよ

彼の心からの笑顔を見たのは
本当に久しぶりだった

私と同じ病におかされて
あんなに輝いていた瞳に覇気がなくなって…

”1人じゃない、私もいるよ”なんて
声をかけながらお互いを励ました
恋愛感情ではなかったけれど
彼の存在が どんなにか心強かったことやろう

戦いには終わりがある
私の病はまだ終わりがないけれど
彼が昔のように輝いた瞳で
私にハイタッチしてきた瞬間

私の戦いにも終止符が打たれるのかな
なんてポジティブに考えられた

そんな彼に カンシャ

♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪
私が約2年間勤務していた大学で、
心を開ける学生さん(夜間の学部生で年が近い男子)が
1人いたんですが、彼も私と同じく精神疾患を
わずらっていました。結構重度やったと思います。
同じ病気仲間と言うことで、
メールしたり会ったりしてました。

そんな彼が先日窓口にひょこっと現れて、
「だいぶ気分が軽くなった」って話していたので、
すごく安心しました。エネルギーを分けてもらいました。
だけど私がこの大学で働くのもあとわずか…。
色々素敵な出会いがあったな、って実感してます。
あと1ヶ月、最後まで走り抜けます!!

| | コメント (0)

すべて、終わったこと

涙ながらに飛び起きたある日。
夢の中でずっと会いたかったあの人に出会えた。
まるで恋人同士みたいに幸せな時間が流れて、
あの頃と同じように無邪気なあの人がいて…。

だけど夢と現実は大きく異なっていて、
今ではあの人はもう手の届かないところにいて…。

そばにいた頃 いつもあの人は笑ってた。
甘えてくる時もすごく愛しくて。
自分から別れを切り出したのに、
どうして今さらあの人の夢なんてみるんやろう?
それもなぜ 幸せな夢なんて見てしまうんやろう?

自分でもよくわからんけど、
あの人のこと まだ忘れてへんのかな?
それって自分勝手やんね、ほんまに。

もう2度と戻れないあの頃を
どんなに悔やんだって仕方ない。
今大切な人を精一杯大切にしよう。

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★
忘れた頃に夢に出てくるなんて、神様の意地悪。
って思ってしまいます。
それももう100%戻ってこない時間やのに。
終わったこと、終わったこと、
心の中で何度も繰り返して自分をなだめてます。

でもこれからもこんなことあるんやろうなぁ。
”自分から別れを切り出したのに”
これも苦渋の選択やったんですよね。
未だに受け入れられない自分がいて…。
ほんま身勝手なオンナですよね、私。

また来週になったら年度切り替えで
バタバタするのが目に見えているので、
とりあえず更新してみました!
なんとかしっかり働いております(^_^;)
次回の更新は4月入ってからかも…?!

| | コメント (0)

しばしの休息

こんにちは、noricchiです。
最近バイトが多忙な上に、
プライベートでも精神的に
病んでしまうようなことが多く、
とても作品をアップする余裕がないため、
少しの間更新をお休みします。

また気持ちが上向いてきたら、
ここに戻ってきますので、
それまでお待ち頂けたら幸いです。

皆様、花粉症にもご注意下さいね。

2008年3月19日 noricchi

| | コメント (0)

もっとしっかりしなければ

テレビのニュースで見た
”湯たんぽで低温やけど”なんて話題
小さい子供やったら危ないな、とか思ってた
まるで他人事のように

とか思っていたら
ものの見事に 私の足に水ぶくれ
小さい子供じゃあるまいし
何やってんだか 鈍い痛み

どうしてこんなに私ってアホなんやろう
こんな私のそばにいてくれる
周囲の人々に心から感謝

未だに患部にはバンドエイドを貼っている
出血もおさまっていない
自分は大人や、なんて勘違いして
余裕な顔してたことが情けない…

::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*
『しっかり者』って周囲からよく言われるのですが、
はっきり言って『どこが?!』って感じです。
かなりヌケヌケでどんくさくて物覚えも悪いこの私の
どこに『しっかり者』の要素があるのでしょうか??

まぁ冗談抜きで湯たんぽで低温やけどして、
未だに闘っています。
今朝ぐにゃぐにゃの膿の固まり?みたいなのが
はがれて、出血が止まらなくなりました(T_T)
今もバンドエイド貼ってますが、
すぐにまっかっかになってしまうので無意味…。
皆様はこんなことにならないようにご注意下さい(苦笑)。

| | コメント (0)

ずっと言えなかったけど

出会ったときから あなたのこと気になってた
あなたからメールが来るたび ドキドキしてた
だけど その想いをあなたには伝えられなかった
なぜなら 私にはもう既に別の人の存在があったから

あなたの家に行った時
帰り際 玄関のところで初めて抱きしめられた
家まで送ってくれた車の中で 初めてキスされた
あの時 めちゃくちゃ幸せやった
そやけど 私には言えない言葉があった

いつしかあなたは 新しい居場所を見つけて
私から離れてしまったけれど
今でもメールが届くと 私はすごく嬉しいんやで
恥ずかしくてあなたの前では 言えないけれど

今ここで 言えなかった本当の気持ち
伝えてもええんかな…

『大好きやったよ』

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚
本当に現時点でのキモチです。
今日はろくなコメントが書けそうにないので
(バイトでイライラすることが多かった…)
このあたりでおひらきにしても良いでしょうか(T_T)
作品中の「あなた」がこの詩読んだらどんなキモチになるんかな…。

| | コメント (0)

時が流れるということ

友達の家ではるか昔のビデオを見た
中1のときの体育会
びっくりするほど みんな幼くて
私の姿が映った瞬間
思わずテレビの画面を両手で覆ったりして

友達と涙流して笑うほどの
爆笑シーンとかもあって
笑い転げていた私の目に飛び込んできたのは
めちゃくちゃ好きやった彼の姿

ついつい巻き戻しなんかして
ほんの一瞬のシーンを繰り返し繰り返し
すると さっきこぼれた涙とは違う涙が
たくさん たくさん あふれてきて

会いたいよ…
どこにいるのかはわかっているのに
会いにいけないのがもどかしい

私の知らないところで流れた時間が
きっと彼を変えてしまったんやろうな
かなうかどうかはわからんけど
いつか伝えたい言葉が ある

”ありがとう”

∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞
まさか友達の家でこんなお宝映像を見るとは
思いもしませんでした…。
そしてまさか爆笑の後に、本気で泣いてしまうなんて
これまた思いもしませんでした…。
長い間好きやったけどうまく伝えられなかった、
彼への思いがこみ上げてきました。

風のうわさで 彼が近くにいることを知りました。
そやけど、昔とは随分変わってしまっているので、
会わないほうがいいと周囲からも言われました。
どんな風に変わっているのかはわからんけど、
会いたい…この気持ちは変わりません。

あ、あかん…疲れがたまってコメント書けない…(>_<)

| | コメント (3)

さよならって言ったのに…

メールの着信音で目が覚めた 遅番の朝。
約2ヶ月ぶりの 彼からの短い文章。
『今夜空いてる?』なんだかそっけなくて、
『空いてない。たとえ空いてたとしても会わない。』
きっぱりと私は 伝えたい言葉を送信した。

2ヶ月前のあの夜、彼は私を抱いた。
愛情なんて感じられない、自分の欲を満たすために。
”私は遊び人やから こんなこと慣れっこやで”
あの言葉が強がりだったこと、気づいてた?

傷ついた夜のこと思い返しながら
心を痛める私の隣で、
再びメール着信音が鳴り響く。

『そう言われると思った。
 もうメールしない。さよなら。』
『わかった。今までありがとう。…さよなら』
悩んで悩んで思い切って 返したメール。

なのにどうして?
『アドレスは消さないで』なんて。
私にはわからない、彼の気持ちがわからない…。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆
都合いいように扱われる女、
自分でそんな風に感じてしまいました。
今となっては彼がどういう理由で
私に頼ってきたのかはわかりません。
変な言い方ですが、昔私は結構気が多く、
色々遊んでた時代がありました。

でもそんな時代を自分なりに清算して、
ある程度落ち着いた頃にこの作品のように
複雑な関係が生まれてしまいました。
結局自分自身が傷ついて、辛い思いをしました。
彼が何を考えているのかは今もまだわからないまま。

3月に入ってバイト先の部署内席替えがありました。
私はなぜかバイトなのに思いっきりカウンターの前です。
もっとも学生が集まる窓口にバイトの私がいてよいものか。
でも、このバイトも残すところ2ヶ月弱。
色々な思い出があったなぁ、と既に振り返りモードです★

| | コメント (0)

大きな間違い

どうやら私には人を見る目がないようだ
その上 1度思い込んだら頑なになって
苦手な人の評価を上げることがない
なんて心が狭いんやろう、私

いつかこんな性格が災いとなる予想はしていた
案の定私は 自分は間違っていない、と
自分を曲げなかった結果、
大きな失敗へとつながってしまった

まさかここまで人生を左右するような
大切な二者択一を誤ってしまうなんて
自分が情けなくて 涙が止まらなかった

それから私は 広い心を持つよう心がけている
そう簡単には性格を変えるなんて出来ないけれど
少しずつ変わっていけたらいい
今はただ そう思っている

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
今まさに痛感しています。
情けない話、昔、姉の旦那さん(私の義兄)が
姉を傷つけるような行為をしたとき以来、
もう10数年、義兄とは話をしていません。
たとえどんなに謝られても許せなくて…。

結局そんな私は現在、自分の人生の選択肢において
間違った方向に進んでしまいました。
その結果、周囲の人々にも迷惑をかけてしまって…。
変わっていかないとだめですよね。

どんどんうちの部署にスタッフが増えてきました。
昨年度もこれくらい人数がいたら結構お仕事
はかどったやろうになぁ…(^_^;)
と今さらながら思ってしまいます。
私のバイト生活もあと2ヶ月…さぁどうしよう。

| | コメント (3)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »