« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

時が経てば…

お互い好きやったけど別れざるを得なかった。
いつしか2人の矢印が違う方向に向いていたから。

最後に会ったのは5年前。
度々2人で歩いた場所に車を止めて、
私は車内のあなたを見送った。

もう連絡をとることもなくなり、
今あなたがどこでどうしてるのかもわからなくて…。
だけど完全に途絶えてしまうのが淋しくて、
お正月とお誕生日だけメールを送りあった。

そんなことだけで繋がっているって安心感があって…。
実際に会うことはなくても何だか
あなたがそばにいるような気がした。

今年のお正月に届いたメールに意外な一文。
『久しぶりに会いたいな』 なんて。
今までその部分は触れないようにしていたのに、
どう言う心変わり?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今でも会ってみたいとは思うけど、
それは恋愛感情ではなくて、好奇心かな。
”会ったらまた好きになるかも”なんて
そんなことは全然感じていません。
だからこっちからは”会いたい”って
言うつもりなかったのですが…。
まぁ結局会うこともなく時は流れています。

最近ちょっと心を病んでて、何もする気が起きません。
何もかもに疲れてる感じです。
周囲に八つ当たりとかしてるので、
ほんま自分って情けない、と思う日々です。
6月になったらもっとテンション低いんかな…

| | コメント (0)
|

2人だけの秘密

まるで恋人気分、手をつないで歩く2人
”誰かに見られたらどうしよう?”と心配する私に
”その時はその時”と笑う彼

お決まりのデートコースで人ごみに紛れてしまえば
本当の恋人のような 錯覚に陥る
観覧車で3回キスした
恥ずかしくて目をあわせられなかった

お互い始めは 冗談半分やったのに
メールを重ねるうちに のめりこんでしまって
”お持ち帰りしていい?”と堂々と言う彼に
私はついつい 吹き出してしまって
あとはもう彼のペース 上昇する体温を感じ合った

年上やのに 寝顔がめちゃめちゃあどけなくて
何度かほおにキスしたの気づいてた?
『好き…なのかな』 私はつぶやいた

もっともっと 私の知らない一面が見たい
もっともっと 私のこと愛して欲しい
何 考えてるんやろう 私も…そして彼も

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
この作品は以前アップした「walking」と言う作品の
続編?その後?です。
私のポエムには色々なカテゴリーがあるんですが
(あくまで勝手に自分で分類してるだけ)
この作品がどのカテゴリーかと言うと、
「ほんまは許されない恋やのに」パターンです(笑)。
気が向いたらほかにどんなパターンがあるか、
また公表させてもらいます(←いらないかな?)。

今日電車に乗ってたとき、
マスク着用している人々が相変わらず多かったです。
いつも混雑してる、某喫茶店もガラガラ…。
マスコミの力って怖いなぁーなんて思います(・ω・;)

| | コメント (4)
|

こんなはずじゃなかったのに…

いつか 離れるときが来る予感はしていた。
でも それは『お互い励まし合って前進する』、
それが前提だと思っていた。

お互いの傷口さらけ出して、何でも話せる仲間…
あの人とはそう言うスタンスで
付き合うようにしていた。

だけど 傷口が増えれば増えるほど、
あの人に依存する 私の姿があって…。
とうとう口に出して言ってしまった、
”帰りたくない、一緒にいたい”…

あの人はそんな私を一切拒まなかった。
何も聞かずに 黙ってそばにいてくれた。
ずっと頭をなでてくれていた。

朝 目覚めたら隣には あの人がいた。
ただ、2人の間には微妙な距離が出来ていた。
…いつか 離れるようなときが来るって予感していたはず、
私が思い描いていた、
前提とはかけ離れてしまったけれど。

☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
ずっと近くにいたのに、
意外とお互いのことを知らない…
一緒にごはん食べに行っても、
深い話にはならなくて他愛ないことばかり。
でも、あの夜はどこか違っていて。

いつも明るいキャラを演じてきた私、
本当はいつも心の中に闇の部分を持ってました。
その部分にあの人が触れて…
一気に気持ちがあふれ出しました。
だけど、あの夜以来2人の距離は開いたままです。

ここのところ、外出時はマスクを着用しています。
電車の中はマスク人ばかりなので、
なんか静かで、異様な雰囲気です。
マスコミの報道がどうも恐怖感をあおるように思えて、
不快な思いをしているのは私だけかなぁ(-_-;)

| | コメント (0)
|

from 神戸

地元のスーパーは商品がほとんどなく、
もちろんながらマスクも売り切れ…。
すれ違う人はみんなマスク姿。
学校は1週間休校になったものの、
子供達の遊んでいる姿は見えず…。

マスコミの影響、と言うか
あおりすぎな報道で踊らされている
ところも多々あるのでは、と思います。

とりあえず手洗い・うがいはしときましょう。

| | コメント (0)
|

自分磨き

私は 流行に流されるのが嫌いだ
化粧にしても 身につけるものにしても
自分らしくありたい と考えている

そんな私に いつも彼は言う
”もっとかわいいカッコしてよ”とか
”眉毛の形 変えたほうがええよ”とか

あんまりしつこいから
イライラしてキレてしまったこともあったけど
彼は別に私を怒らせたいわけではなくて
私の 知らない魅力を引き出したい
そう言う思いで 言っていたらしい

全部が全部 変身するわけには行かないけど
時々 少しだけ彼の好みを取り入れるから
…どんな顔するかな?
楽しみにしておくね

*:..。o○☆**:..。o○☆**:..。o○☆**:..。o○☆*
なんかちょっとお恥ずかしいポエムですね。
人の好みに合わせるのが苦手な私の
ちょっとした本音を漏らした作品です。
結局相変わらずたいした変化はないんですけどね(笑)。

昨日お部屋に蚊がいました。
パッチンして退治しましたが、
そろそろ蚊取り器具を出してこなければ…。
すでに腕がかゆい…しまった、やられたかも・゚・(つД`)・゚  

| | コメント (2)
|

walking

普段なら絶対嫌やのに
なぜか この時ばかりは
自分の心を整理する意味もこめて
知らない道をたくさんたくさん 歩いてみた
ゆうべの彼のこと 思い出しながら

外の電灯が 部屋をうっすら照らしていた
彼はトレードマークのメガネを外して
私をそっと癒してくれた
腕枕が心地よかった

”1回だけね”と笑った彼は
私の唇にそっと キスをした
私もお返しにキスしたら
いつのまにか 1回では済まない状態で…

次 目が覚めたら朝やった
彼は出勤準備をしながら 私のほうを見た
そして おでこにキス
まるで恋人同士みたいに

…どこまで歩いたんやろう
そろそろ電車に乗ろう、と思って
コンビニの店員さんに 道を聞いた

各停に揺られる私の携帯が震えた
お仕事中の彼からやった
あれほどお互いにハマったらあかんって
約束したのに 彼は裏切った

もう あの部屋に行くことはない
いや 行ったらあかん
そう言い聞かせて 帰り道歩いた

★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*
人間ってほんまに弱いな、って思います。
いや、単に私達が弱いだけかもしれないですが…
約束なんて破るためのようなものになりつつ…
とにもかくにも いっぱい歩いて
気分を紛らわす、そんなくらいのことしか出来ず。

退職して時間もあるし、近所を歩いてみようかと
考えつつも、気候の変化が激しくて
実行に移せていません。
早くやせないと、もうすぐ夏やのに…(・ω・;)

| | コメント (2)
|

何かが始まる?

前々から不思議やった
私が退職してからも
ずっとメールしてくれる先輩
時々私が大阪に行くと
一緒にお茶したりなんかして

お互い 相手もいるし
年齢も離れてるから
まさか こんなことになるなんて
考えてもいなかったけど

私 まだまだ考え方が幼いので
勘違いしているのかもしれへんけど
なんか 強くて深い愛情を感じる

これってまずい
この状況から 早く抜け出さねば

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
一緒に働いていた当時は、
全然恋愛感情なんてなかったのに、
離れてからそう言う感情を
いつの間にかお互いが
持っていたのかもしれません。

今さら何やってんだか…
考えるとため息が出てしまいます。
さて、私はうまいこと抜け出すことが
出来るのでしょうか?(苦笑)

GW、皆様はどのように過ごされましたか?
私はほとんど寝てました…
お天気もイマイチでしたしね。
でも、水族館は楽しかったです(*´∇`*)
癒されました…

| | コメント (2)
|

知らぬ間に

そんなまじまじと見たことなかったけど
いつのまにか父の顔には
深いシワが刻まれていた
年齢から考えると当たり前なのかも
知れへんけど 少し悲しかった

数年前 ”父とはもう話したくない”
そう思って 口をきかない日々が続いたけど
そんなことしてる間に
白髪が増えてたことにも気づかんかった

昔 私をおんぶしてくれた背中も
気づけば広いとは言えず
少し腰も曲がってきたみたい

今でも父のしたことは許せない
だけど 私ももう子供ちゃうから
これからは 少し ほんの少し
開いた距離を 縮めていきたい

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
私は昔、父のことが大好きで、
一緒に映画館に行ったりプールに行ったり
思い出は数知れず…
でも あるときを境目に 歯車がずれてしまって
「おとうさん」と呼ぶことがなくなりました。

父は世の中に1人しかいない
確かに父のやらかしたことは
家族を めちゃくちゃにしたけれど
もう1度 歩み寄ってもええんかな、
今はそんな風に思っています。

無職になって2日、周囲の人々は
”今まで頑張ったんやしちょっと休み”と
声をかけてくれます。
しかし、私の場合『休み=寝る』なので
ひたすら寝て、おかんに怒られそうな予感(-_-;)

| | コメント (0)
|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »