« I can't say "yes" | トップページ | 忘れるなんて出来ない… »

こんな私を

あなたは 私を抱きしめてくれる
あなたは 私の頭をなでてくれる
あなたは 私にキスをくれる
あなたは…あなたは…

いつも不思議やなって思う
私 何も言ってないのに
あなたは 私の考えていることが
何でも わかってるみたいで
ここまで理解してくれる人は
おそらく もうきっと現れない

しんどくて 何も手につかないとき
眠っている私のところへ来て
”ごはん出来たよ 食べられる?”
ごめんね ありがとう

頼ってばかりの私やけど
たまには あなたが喜びそうなこと
してみようって思ってるから
その時まで もうしばらく待っててね

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
誰しも自分にとって”理解者”と言う存在が
大切やと思います。
もちろん、私にとっての”理解者”は作品中の
”あなた”なんですけどね。
ほんま、誰かに頼らないと前に進めない、
ものすごい軟弱な人間です。

歯を抜いてから、ほっぺたがパンパンに
腫れてしまって、痛いし重いしつらいです…。
その上、携帯の調子も悪くなって、
ふんだりけったりとはまさにこのこと。
ユウウツ気分で始まる1週間です。

|

« I can't say "yes" | トップページ | 忘れるなんて出来ない… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« I can't say "yes" | トップページ | 忘れるなんて出来ない… »