« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

間違ってるのかな

家にいるのが辛くて 耐えられなくて
どこか遠くへ行ってしまいたい なんて思った
そんな時に 彼は優しく声をかけてくれた
きっとお仕事で 疲れているやろうに
こんな私の相手するの しんどいやろうに

彼の家に入ったのは久しぶりやった
変わらない居心地のよさと彼の優しさに
私は頼りきってしまった
ほんま愚かな人間 つくづくそう思う

私が眠るまで 話を聞いてくれた
私が安心してるのがわかるのか 抱きしめてくれた
でもそれ以上の関係にはならない
…なれない って言ったほうが正確なのかな

優しい人やってわかってるから
ついついいつも 甘えてしまってるけど
ひょっとしたら 私って彼にとってお荷物?
最近そんな風にも思えてきた

…そやけど 一緒にいて欲しい
恋愛感情を持ってはいけないと
お互いがわかっているからこそ
…そんな付き合いが成立するのかは
私には わからないけど

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆
詳細については今回は省略です。
でも、思ったことを言葉と言う形として残しておきたかった…。
よくわからない説明ですが、ただそれだけです。
私は職場などの対人関係は苦手ですが、
友達などの人間関係は誇れると思います。

もうすぐ2月ですね…あんまり寒くないけど。
とは言え、寒暖の差が激しいので、
着るものに毎日ほんま悩んでしまいます。
せっかく冬物結構買い込んだので、
あたたかめの日でも、着るようにしています^^;

| | コメント (2)
|

伝えたい気持ち

つまらないことですぐにイライラ
その矛先は決まって 彼
明らかに彼は悪くない けど
吐き出せる相手が他にいないから

昨日もまた イライラをぶつけた
でも 途中で私は自分の誤りに気づき
1人で暗い部屋の中で 涙した

私はこうして何度 彼を傷つけたやろう
そして何度彼は 私を受け止めてくれたやろう
そう思うと情けなくて 泣くしか出来なくて

”何もしてあげられんでごめんな”
彼は いつも私にそう言いながら頭をなでる

違う 彼が謝るのはおかしい
私が謝らないといけないのに
伝えたい言葉がわからなくて
そしてまた私は ただ泣いてしまうだけ

次はちゃんと謝ろう
”いつも辛い思いさせてごめんね”
そしてきちんと感謝の気持ちを伝えよう
”私のこと大切にしてくれてありがとう”

なんて うまく伝えられるかはわからないけれど…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
明らかに自分が間違ってるってわかっているのに、
無理やり自分を正当化して、
誰かに対して攻撃的になってしまう…
私はそう言うタイプなので、反省の毎日です。
それもその「誰か」は決まって同じ相手やし…。
作品中にもありますが、ちゃんと感謝せねばって思います。

ここのところちょっと嫌なことが続いて、
ポエムなんて作れない…って言う状況でしたが、
なんとか気分を持ち上げることが出来ました(-ω-)
(と言ってもまだ持ち上げ途中ですが)
何かええことないかなぁ、なんてことばかりぼやいてます。

| | コメント (3)
|

癒される時間

あぁそうや この笑顔や

約3年ぶりに会った 年下の彼
私よりずっと 考え方も大人で
私よりずっと 心が広くて

私のつまらない話を うんうんとうなずきながら
まっすぐ目を見て聞いてくれる
私はどちらかと言うと 人の目を見ながら
話すのが苦手やから 少し照れてしまったけれど

普段は友達の中で聞き手に回る私が
ついつい色々愚痴ってしまったのは
やっぱり彼が聞いてくれる って言う安心感があったから

短い時間やったけど すごく濃い時間でもあって
3年分のブランクを 一気に取り戻せた気がした

”家まで送る”なんて言って 私と同じ駅で途中下車した彼
私の家の近くまで来たときに ぎゅって抱きしめてくれた

あぁそうや このぬくもりや

周りに人がいないのを確認した彼は
私にキスをして またぎゅって抱きしめて…
”早くまた会いたいな”なんて

本当はこんなのあかんってわかってるけど
つい私は”うん”って答えてしまった

もう会えないかもしれんなぁ…
彼の後姿を見送りながら そんな風に感じる私がいた

*:..。o○☆**:..。o○☆**:..。o○☆**:..。o○☆*
3年も会ってなかったら、
さすがに何かが変わってしまうのでは、って
思ったのですが…全然変わってなくて。
2人とも昔のまま、自然体で話すことが出来て。

自分の恋人に対して罪悪感は感じたけど、
作品中の「彼」に癒しを求めてしまって…。
でも恋愛感情か、と聞かれるとお互いそうではなく…。
「大切な人」、お互いそんな位置づけです。
次会えるかはわからないけど…。

最近ドーナツばっかり食べて明らかに太っているので、
(近所にミスドが出来たため)
ダイエットしないと行けないのですが、
なかなか続かないと言うのが実状で…。
ほんま、意志の弱いヤツです。

| | コメント (4)
|

今も、なお

今頃どうしてるんやろう
お仕事は順調なんやろか
体調も崩してへんかな
…なんてことばかり考えてる

あんなに一緒にいたのに
私達の絆はなくなってしまった
ううん、なくなったわけやない
私が一方的に 断ち切ってしまった

最後に 私があなたの部屋を出ようとしたとき
初めて言ってくれたね ”大好き”って
あの時 戻ろうと思えば戻れたかもしれないのに
私は 自分のことで頭がいっぱいで
あなたが好きやったアメ玉を
そっと あなたの手のひらに乗せた

忘れた頃に 再会はやってきた
でも 対面したわけではない
私が見つけたのは あなたのブログ
最終更新は1年前
”中国に行っても みんなのことは忘れない”
そんな日記が綴られていた

もう手の届かない人に なってしまった
私の知らないあなたに なってしまった
あなたの友達のウワサによると
中国で彼女が出来たとかなんとか
幸せになってくれれば 何でもいい
私があの日 別れる道を選んだことで
あなたが新しい道を歩むことが出来たのなら
それでいい それでいいねん

そやけど未練がましい私がいる
更新されなくなったブログをたまにのぞいて
昔のことを思い返したり

私は元気です
あなたは元気ですか?

♭#♪♭#♪♭#♪♭#♪♭#♪♭#♪♭
恥ずかしながら、彼との出会いはメールでした。
私が大学生の頃、周囲はメル友ブームで、
私も試しに登録してみたら、
作品中の「あなた」に出会えたわけで…。

実際に会うのはやはり怖かったのですが、
それまで何度も電話で話して、
お互いに警戒心なく対面出来る様に、
心の準備をしていました。

で、実際に会ったら同じアーティストが好き、
とかなんやらかんやらで意気投合して、
いつしか彼氏がいるのに、
私は「あなた」にひかれていきました。

結局4年間くらい付き合いが合ったのですが、
「好き」と言われたのは、別れを告げた日が
最初で最後でした…今でも覚えてます。
まるで悲痛の叫びのような…。

あぁなんか今日はちょっと長々とコメント書いてしまいました。
今から昔働いてた職場の先輩と
ごはん食べに行ってきます~(o ̄∇ ̄)/

| | コメント (2)
|

優しい人

私がどんなに愚痴っても
うなずきながら 聞いてくれる
私が間違ったことを言ったら
やんわりと正してくれる
私がうたた寝してしまったら
そっとお布団をかぶせてくれる

でも気づいてるんやで
さっきほっぺにキスしてくれたこと
嬉しかってんで
照れくさくて寝たフリを続けたけど

いつも私のことを考えてくれる人
”このジャケット似合うと思うで”
”今日は何が食べたい?”
付き合って何年も経つけど
未だに 私への気遣いは欠かさない人

何度か聞いてみた
”ほんまに私でええん?”
いつも返ってくる答えは同じ
”よくなかったら こんなに長いことおられへんよ”

週末になれば会える
次のデートの時は この前買ってもらった
ジャケット着て行くから 楽しみに待っててね

★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*
新年一発目の作品は、
ほのぼのした感じにしてみました。
(最初から失恋ポエムはさすがにどうかと思って)

結局もったいなくてまだジャケットは着てません。
決してお金がある人でもないのに、
少しでも私が喜んでくれるなら…っていつも
考えてくれてるみたいです。
ただ、さすがに毎回買ってもらうわけにはいかないので、
「ちょっと色が…」、「意外と重たい…」とかって言うて
わざと断ることが多いんですけどね。

さて、私はちょうど今日で29歳と3ヶ月になりました。
どんどん30歳が近づいているので、
20代最後の年はええ年にしようと考えてます☆
出来るだけ更新の頻度も増やしたいところですが、
なかなかゆっくり作品を作る環境になく…
(毎日姪や甥の相手をしているので)
気長に更新をお待ち頂けたら幸いです。

| | コメント (2)
|

新年のご挨拶

この1年が皆様にとって素敵な年になりますように。
今年もよろしくお願いします。

昨年同様、かなりのんびりとした更新になってしまうと
思いますが、素敵な作品を皆様にお届け出来るよう
執筆活動に励みますので、
時々のぞきに来てみて下さい。

2008,2009は結構辛い年やったので、
今年はええことがあるよう心から願ってます。
まずは正月太りを解消せねば…。

2010.1.4 noricchi

| | コメント (2)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »