« ひとすじの涙 | トップページ | ナミダの理由 »

嘘だとわかっていても

貴方の その笑顔と言葉達に
私は 何度だまされてきたことか

自分でも 『ええかげん学習しろよ』と
心の中で つぶやいてはみるけれど
貴方の顔を見ると そんな気持ちが薄らいで

貴方の家から最寄り駅まで 約10分の下り坂
人通りあるし 別に大丈夫やのに
毎回 駅まで見送ってくれてた

そして いつもの場所で優しくキス
ついさっき 玄関先でも唇重ねたのに

貴方のキスは すごくすごく繊細で
まるで 割れ物に触れるかのごとく

一緒に過ごした 数年の間で
一体何度キスしたことか 数え切れない

でもきっと あの時幸せやったのは
私だけやったんやろうね 後で気付いた

今頃貴方は あの人の頬に手を当てて
優しく優しく 唇重ねてるんかな

考えると胸が痛むけど もう過去の話
ちょっとしたメールなんかで 振り返るな

o○o゚,。o○o゚,。o○o゚,。o○o゚,。o○o゚,。o○o
あの頃は若かったなぁ…とつくづく思う。
親に嘘ついて、何度『貴方』の家に泊まったことか。
冷静に考えたら、かなり私って利用されてたような。
あまりにも無邪気に『会いたい』って言うてこられたら、
断る理由がない限り会いに行ってしまう…オバカな私。

いよいよ新年度開始ですね。
何かとバタバタしてて、ここに書くの忘れてましたが、
中3の姪が公立高校合格して、間もなく新・高校生です♪
姉家族は近所やから、私と同じ学区なんですよね。
私の母校に行って欲しかったんですけど、
本人の希望もあり少し遠い高校に通うことに。
ちゃんと朝起きろよーと言いたいです…姪っ子遅刻魔やし。

|
|

« ひとすじの涙 | トップページ | ナミダの理由 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとすじの涙 | トップページ | ナミダの理由 »