« 嗚呼 初恋の君 | トップページ | 夢じゃないよね? »

月夜のふたり

色々あったあの夜 何もする気がしなくて
リビングの電気消して 座椅子に腰かけ放心状態

どこに置いたかわからない携帯 激しく震え出す
いつもなら放置するけど なぜか手を伸ばして

『月食見てる?』 彼からのメール
ああそう言えば そんなニュース昼間やってたっけ

重い腰を上げベランダに出るも 月は見当たらず
『探したけど見えんかった』 そっけなく返信

送った後 ”まるで八つ当たりみたい”とつぶやく私
返信には期待せず 再び座椅子に落ち着き目を閉じた

もう1度震える携帯 ディスプレイに表示される彼の名前
『うまく撮れてないけど』月の写真が1枚添付

確かにちゃんと写ってない でもその気持ちが嬉しくて
辛くてたまらなかった気持ち 消えて行った

彼みたいな人に 私もなれるだろうか
誰かの傷にそれとなく気づけるような 彼みたいな人に

゚♪゚゚+.・.。*゚♪゚゚+.・.。*゚♪゚゚+.・.。*゚♪゚゚+.・.。*゚♪゚
皆既月食、皆様見はりましたか?!
なんか結構なインパクトやったみたいですね!!
赤かったのがちょっと怖いけども…。
神秘的なイベントに参加出来なかったことが、
今更ながら悔しかったりします(涙)。

最近は結構家にこもってます…。
年末で友人達も多忙そうなので^^;
ストレス解消もしたいところなのですが…。
どんなストレスなのかは内緒ですけどね(笑)。

|
|

« 嗚呼 初恋の君 | トップページ | 夢じゃないよね? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嗚呼 初恋の君 | トップページ | 夢じゃないよね? »