« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

ふとした瞬間に…

「あの曲の衣装がお気に入り!」とか
「この曲の2番の歌詞泣ける!」 とか

雑談まじえながら ひたすら熱唱して
2時間半なんて あっという間で

リモコンの履歴 何気なく確認したら
ズラリと並ぶ 同じアーティスト名

異様な光景に大笑いしつつ 部屋を出て
退店しても 興奮冷めやらぬままの2人

常になんかしら 悩んでばかりの私は
たまに 泣きごと口にすることもあるけど

「時々こうやって リフレッシュせなね!」
「エネルギー充填して また歩き出せばええ!」

貴女が発する 明るい言葉達に元気を貰う
こんな頼りになるコ そうそうおらんしね

ただ 私やって力になりたいって思ってるから
聞いて欲しいことあれば 言うてきてや?

あの曲の 泣けるほど素敵な2番の歌詞みたいに
心に響くこと言えるか 自信はないけども

『今日は ほんまにありがとう!
ばっちりリフレッシュ出来たよ!』

親愛なる貴女へ mailよ届け…

☆゚+o。☆。o+゚☆゚+o。☆。o+゚☆゚+o。☆。o+゚☆
友達の存在ってほんま大きい…
年を重ねるごとにそう感じるようになりました。

相手にとっては何気ない言葉でも、
私にとっては考えもつかなかった新たな発見やったり、
今後の生き方につながるヒントやったり、
様々な瞬間でハッとさせられることがあります。
ほんま、ありがたい限りですよね。

私も周囲の仲間達にそんな風に感じてもらえるのかな…
正直なところ全く自信ないけど、
少しでも感じてくれてる人がいたら嬉しいな( ^^)

| | コメント (2)
|

ひょっとして似た者同士?

もう 何年も隣にいるのに
未だに 手をつなぐときぎこちない人

押しが弱いって 感じることあるし
だからたまには強引に 抱きしめてほしいし

ただ正直なところ しばしばもどかしく思えてしまう
『男らしくない』と 言いたくなるときも

別に 欲張る必要はないはず
貴方の気持ちは よくよくわかってるつもりやし

でもそんななか あることに気づいた
意外と私達 似た者同士かも?って

不器用なくせに 何かとチャレンジするとこ
音痴なくせに マイク手放さへんとこ

優柔不断で なかなか注文出来へんとこ
妙なこだわりで 窓際の席ばかり選ぶとこ

あと 今まで噛み合わんかった意見が
近頃では不思議なほどに 合致するようになった

”あんたら似てるね”とか 誰かに言われる
そんな日も そう遠くないかもしれへん

…なんてこと 考えてたら
単純過ぎる結論に たどりついた

強引じゃなくても 男らしくない時があっても
貴方は貴方 そのままがイチバン

*:..。o+◆+o。..:**:..。o+◇+o。..:**:..。o+◆+o。..:*
だいぶ懐かしい作品を引っ張り出してきました。
読み返すと少し笑いがこみ上げてきます(^^)

手をつなぐことや強引に抱きしめること、
それが男性の愛情表現やと決めつけてた時代ですね…
人それぞれ自己流の表現があるのは当然、
今ならそんなこと簡単にわかるのに(苦笑)

でも一緒にいる時間を重ねれば重ねるほど、
色々な面が見えてきて…
最初もどかしいと思えてた点なんてもはやどうでもよくて、
似た者同士やからこそ長続きするんやな、
とか悟るようになり(*^_^*)

これからもあったかい気持ちを持ち続けていたいです★

| | コメント (0)
|

呟き。

よみがえる 忌わしい記憶

忘れたいけど 忘れられない

忘れたいけど 忘れてはならない
あの朝の記憶

世界中の人が 平和に過ごせる
笑顔で過ごせる

そんな日は どれだけ祈っても
訪れないのかな

争いや災いに 怯えながら生きる
それが 当たり前なのかな

1日1日が この上なく幸せ

そこまで 贅沢なこと
願ってるわけじゃ ないのに

些細な希望すら 叶わないのかな…

###
先週末、かなり寝つきが悪くて4時半頃まで起きてました。
ほんで、やっとうとうと…って時に久々の横揺れ。
震度3とのことやったけど、もうちょっと強かったような。

揺れ自体はそんなに長くなかったし、焦るほどでもなかったものの、
何が怖かったってスマホの緊急地震速報の音。
東北や関東の友人から「あれは心臓に悪い」って聞いてはいたけど、
まさに恐怖感を煽る音でした…。

あと時間やら震源地やら、18年前とかぶる部分多かったし、
嫌でもあの日のことがよみがえって…胸が苦しくなりました。

東日本大震災以来、心構えも含め色々備えてきたつもりでしたが、
いざとなるとやっぱりあたふたしてしまう…ってことを痛感しました。

いつ何時何が起きるかわからんし、強い心を持たんとあかん。
まだ余震が続くかもしれないので、皆様もお気をつけ下さい。

| | コメント (0)
|

あの人みたいに

遠い昔 憧れていたセンパイと
まさかこんな形で 再会するなんて

穏やかで 常に飾らないその性格は
びっくりするほど 当時のままで

私の存在 覚えて貰えてなかったのは残念
まぁ 完全にこちらの片思いやったし無理もない

そんな小さいことで くよくよするより
今ここから 新たな関係を築いて行けばええ

再会して まだ少ししか経ってへんし
不確かで勝手な 思い込みかもしれんけど

私に足りない何かを あの人はきっと持ってる
私の尖った心 丸くしてくれそうな気がする

あくまでも これは私の直感に過ぎひん
けど なぜだか妙な自信アリ

少しずつ ゆっくりでええから
あの人みたいに 優しい人間になりたい…

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
自分にないモノを持ってる人には、
やはり魅力を感じてしまいますよね。
でも、その人のマネをしようと躍起になっても、
そう簡単には変われないわけで…

まずはその人と時間を共有するよう努力する、
このステップが必要では…
急いで長所を盗み出そうとするのではなく、
時間をかけて自然とその人から何かを学びとる…
私自身、そのような結論に至りました。

実際、本作に登場する『あの人』から、
未だに多くのことを学べていると実感しています☆

まだまだ『優しい人間』には程遠いですけどね、私(+_+)

| | コメント (0)
|

under the cherry blossoms

突然舞い込んだ 友達からのお誘い
『よかったら 近場でお花見なんてどない?』

なんやかんやで 今年もムリやと思ってたのに
絶妙なタイミング テンションも最高潮

買い出しを済ませ 友達の車に乗り込み目的地へ
数年ぶりに訪れた町外れの公園は 全く変わってなくて

強風の中 ドーナツをほおばったり
散りゆく桜を 写真におさめたり

あの夜落ち込んだ私を 彼がここへ連れて来てくれた
子供のごとく無邪気に遊んだあと 唇重ねた

シャッターを切る度に 1つまた1つ思い出がよみがえる
もう彼に会えないと言う事実に 胸が痛む

けど 今日ここに来てほんまによかった
新たな楽しい記憶を 上書きすることが出来たから…

☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆

天気予報によると週末は大荒れとのことやったので、
半ばあきらめていたところに有難いお誘い。
友達と、2人の娘さん達と楽しい時間を過ごしてきました。
桜の咲く季節にこの公園へ足を運ぶのは初めてやったため、
素晴らしい光景にうっとりしてしまいました♪♪

数年前に、大好きな彼と過ごした夜の思い出も大切なものやし、
忘れたいとか記憶から消したいとか考えたことはないものの、
その後色々あって彼と疎遠になったことから、
やはり当時を思い出すとせつなくなってしまうんですよね…

こんな言い方も変かもしれませんが、
「友人よ、グッジョブ!!」って感じでした(^^)v

来年もまた、この公園でお花見出来たらええなぁ…

| | コメント (0)
|

笑えない冗談。

『俺 やっぱりお前のこと忘れられんわ』
『また あの頃みたいに会えたらええのに』

数ヶ月ぶりに メールが舞い込んだかと思えば
ただただ驚く内容 冗談にしても度が過ぎる

放置しようかとも 考えたけど
『酔っ払いの相手はしません』と 冷たく返信

ものの数秒で 鳴り響く着信音
『本気にするなよ ウソに決まっとるやん』

アイツの言葉で ハッと気づいた
確かに今日は 年に1度のウソついても許される日

でも その冗談は全く笑えない
今さら そんな言葉聞きたくもない

あの時 私を傷つけたことさえも
何もかも全て 冗談で済ませようとするの?

エイプリルフールなんて 大嫌い
アイツなんて もっともっと嫌い

☆*:;;;;;;:*★*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*★*:;;;;;;:*☆

数年前の4月1日、こんなことがありました。
ウソをついてもええ日とは言え、
内容の分別くらいはきちんとつけて欲しいものです。
さすがに呆れて、それ以上返信する気にもならず(´・ω・)

ちなみに今年の4月1日は、
結局何もウソをつけぬまま終わってしまいました…
しょーもないネタでも、と考えてはいたのですが、
ごくごく普通に1日を終えてしまいました(^^;)

皆さんは何か面白いウソ、
ついたりつかれたりしましたか??

| | コメント (0)
|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »